2008年2月16日土曜日

Linux Mint 4.0 Daryna XFCE Community Edition BETA 008 を試してみた

古いノートパソコンが手元にあり、何かに使えないかと色々試していた。何かにと言うのは、デスクトップ用途のLinuxとして、ブラウザや動画が楽しむ程度。パソコンのスペックがCPUがセレロン900mhz、メモリが256MBなので、軽量ディストリビューションが望ましい。

軽快に動くLinuxとして、下記のものを試した。
  • Ubuntu :インストール途中で止まってしまった。alternateではうまくインストールできたものの、動作がモッサリしている。
  • XUbuntu :比較的軽快に動くが、デザインが野暮ったい。
  • DSL :かなり軽快に動く。でも、デザインが好きになれない。
  • Dream Linux :驚くほど軽快!ただインストールされているソフトはマルチメディア系が多く、もうひとつ。
  • Simply MEPIS :快適な操作感。ただデザインがなんか好きじゃない。

ここまで試して自分の好みがようやく判明した。軽快に動くのは大前提だが、デザインも重要。使っていて気持ちの良いものじゃないと、つかう気になれない。

デスクトップマネージャの中ではGNOMEが好きで、KDEは好みではない。ただGNOMEを採用しているディストリビューションに軽快な動作のものが見当たらない。

XFCEを使ったディストリビューションは、快適に動作するものが多いが、デザインが野暮ったい。しかし、XFCEを使っているのにDream LinuxのデザインはMacの様に美しく、しかも軽快だった。
XFCEは野暮ったいと感じるのは認識誤りではないのだろうか?
デザインにも気合を入れているディストリビューションなら、XFCEでもすばらしいデスクトップになっている。

UbuntuをおしゃれにしたLinux MintにXFCE版が有る事を思い出す。サイトを訪れると、Linux Mint 4.0 Daryna XFCE Community Edition BETA 008が最新だった。ダウンロードしてインストール。
GNOMEちっくなこじゃれたXFCEが現れた。動作もストレスを感じない。

この状態ではまだ英語表示で日本語はできていない。日本語化の手順を下記に載せておく。「俺様Linux備忘録 LinuxMint Daryna XFCE CommunityEdition Beta008 をインストールして日本語化」を参考に、公開鍵取得部分を手直しさせていただいた。

Linux Mint 4.0 Daryna XFCE Community Edition BETA 008 日本語化作業

1.ソースリストにUbuntu日本語化チームのリポジトリを追加
下記コマンド2つを投入して、ソースリストに追記する。
sudo su -c 'echo deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy/ >> /etc/apt/sources.list'

sudo su -c 'echo deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy-ja/ >> /etc/apt/sources.list'


2.レポジトリを追加したら、パッケージ情報の更新を行う。
sudo apt-get update を実行
Ubuntu日本語化チームの公開鍵が無いので、下記のメッセージが表示される。予定通り。
W: GPG error: http://.................. Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 鍵の文字列

3.下記コマンドをで、公開鍵を手に入れる。
sudo gpg --keyserver pgp.nic.ad.jp --recv-keys 鍵の文字列
sudo gpg --armor --export 鍵の文字列 | sudo apt-key add -


4.日本語環境をインストール
sudo aptitude update
sudo aptitude upgrade
sudo aptitude install ubuntu-desktop-ja


5.おまじない
sudo aptitude -f install
sudo aptitude clean

6.再起動して、ログイン画面で言語をJapaneseにしてログインすると日本語デスクトップが現れる。

7.不要なサービス(ブルートゥースとか)を停止させると、快適さが増す。あまり意味のない、Mint Upadte等もアンインストールする。低スペックなパソコンこそ効果が大きい。

あとは自分の気に入ったソフトなどを入れて環境を整えていけば良い。中古ノートパソコンが蘇った。

0 件のコメント :

コメントを投稿