2008年2月6日水曜日

Windows に Python の環境を準備

Windows XP で Python を使うための準備。

1. Python Japan User’s Group から Python 日本語環境用インストーラ(Win32) をダウンロード。
2. ダウンロードしたファイルを実行してインストール。
3. インストールが完了すると、スタートメニューに Python が入っている。
4. アイコンはやっぱり蛇!

さてこれで Windows での実行環境は整った。ちなみに Linux ではほとんどのディストリビューションで最初から実行可能。

対話形式でコマンド実行可能だけど、実際使うとなるとバッチ処理で使う事になるだろう。バッチファイルを作ってみる。最初に書き上げたものが下記。
テキストファイルを読んで、指定した文字列を含む行を別のテキストファイルに書き出すサンプル。以下のコードを拡張子を.py にして保存すれば、ダブルクリックで実行可能。
# coding: shift_jis
# ファイルを読んで指定した文字列(ABC)を含む行だけを出力するサンプル
import sys
import re
# file open
fr = open('C:/python/file1.txt', 'r') # read file
fw = open('C:/python/file2.txt', 'w') # write file
sword='ABC' # serch keyword
for readline in fr:
    if re.search(sword, readline) != None :
        fw.write(readline)
# file close
fr.close()
fw.close()
見ればわかるだろうが、C:\python\file1.txtを読んで、ABCを含む行をC:\python\file2.txtに書き出すだけ。
戸惑ったのが、パスの区切りが”¥”でも”\”でもなくて、”/"だった事。ひょっとして Windows だけか?

0 件のコメント :

コメントを投稿