2008年4月10日木曜日

壁紙を自動で変更する Desktoptopia

デスクトップの壁紙 Wallpaper はどんなものにしていますか?私はモノトーンなものか、自然を感じるグリーン系か海の写真にしている事が多いようです。

自分の趣味は自分が一番よく分かってはいますが、人から薦められたものが案外よかったなんて事もよくあります。

今回紹介する Desktoptopia は、壁紙管理ソフトです。

Windows 版と Mac 版があるのですが、 Windows 版はベータ版です。
また、Windows 版では .NET Framework が必要になります。 .NET Framework がインストールされていなかったら、自動的に .NET Framework のインストール用ファイルをダウンロードしてくれるので、それをインストールしてから、 Desktoptopia をインストールする事になります。

Mac 版には時間指定で、壁紙を切り替える事もできるなど Windows 版よりも機能が豊富になっています。 Mac OS では、壁紙の時間切替機能がデフォルトでついているから、当たり前の機能だけでは誰も使用しないからでしょうか。

インストールすると、システムトレイに常駐します。初めに壁紙をダウンロードしてくるので、ダウンロードが完了するまで壁紙のカテゴリには何も表示されません。もちろん壁紙を切り替える機能も使えません。私の環境では、10分ぐらいでダウンロードしてきたようです。

上の画像が設定画面です。システムトレイのアイコンをクリックで呼び出せます。

設定できる項目は、パソコン立ち上げ時に自動起動するかしないか、表示させる壁紙のカテゴリ、壁紙を切り替える間隔です。

壁紙はカテゴリごとに分けられているようですが、カテゴリ内の壁紙を確認する方法は公式サイトのBrowse Desktopsからしかできないようです。気に入らないカテゴリは、チェックを外す事で表示されなくなります。

壁紙が追加されたら、ダウンロードして勝手に持ってくるようなので、サービスの続く限りいつまでも新しい壁紙を楽しめるようです。

2008-04-11 追記
インストールの翌日、パソコンを立ち上げるとデスクトップに壁紙が表示されていません。んー、どうしたのかなと Desktoptopia の設定を弄ってみても、変化がありません。デスクトップのプロパティを見ると、壁紙は設定されているようです。デスクトップの背景色を変えて適用すると、壁紙が表示されました。ベータ版での不具合かもしれません。

公式サイト:Desktoptopia

0 件のコメント :

コメントを投稿