2008年4月7日月曜日

すきをついてバックアップしてくれる IdleBackup

ファイルのバックアップは大事な事で、必ずやらなければあとで痛い目にあうのはわかっている。それでも多くの人がいつかバックアップしようと思いつつ、そのいつかが来ることなく、ディスク障害が先にやってくる。

そんな怠惰な自分に嫌気がさしている Windows ユーザに朗報です。

今から紹介するバックアップツールは、バックアップしたいファイルやフォルダと、バックアップ先を指定しておけば、貴方がパソコンを使っていない時間(アイドル時間)を見計らって、バックアップしてくれます。

いつかバックアップしようと思っていた、そのいつかをこのツールでアイドル時間にやって来させるのです。

使ってみた感じですが、このソフトはシステムトレイに常駐してアイドル時間を待ち続けています。貴方が忙しくパソコンを使って仕事しているときも、ネットサーフィンしているときも、文句も言わずそのときを待っています。まるで、射撃タイミングを待つゴルゴのように。

貴方が席を離れたとき、動き始めじわじわとバックアップしていきます。まるで満ちてくる潮のように、気が付けば多くのファイルをバックアップしてくれます。
そして貴方が再びパソコンの操作を始めると、気付かれてはならないとじっと息を潜めます。まるでスパイウェアのように。

この健気な黒子のようなバックアップソフトで、貴方のファイルを守ってみませんか。操作の邪魔にならず、気が付けばバックアップされているなんて最高ではないですか。
欠点は、全く休む暇なく操作し続ける人のパソコンではバックアップする隙が無いぐらいでしょうか?
ともかくおすすめです。

使い方
画面左上のエクスプローラ風のところで、バックアップしたいフォルダやファイルを指定し、画面左下でバックアップ先を指定します。
あとは右下の、Automatic On と Autostart IdleBackup にチェックを入れましょう。これでパソコンを立ち上げると自動起動し、隙を見てバックアップしてくれます。画面をタスクバーに入れたいときは、右上の Hide program to system tray ボタンをクリックします。バツボタンをクリックすると、プログラムが終了してしまいます。

下記サイトが公式サイトになります。
IdleBackup

2 件のコメント :

  1. IdleBackupはバックアップ元毎にバックアップ先を選ぶことはできないのでしょうか?

    返信削除
  2. 匿名さん、こんにちは。
    パソコンが新しくなってから IdleBackup は使用していません。なにぶん記憶が定かでないのですが、バックアップ毎に設定はできた様な気がします。
    気がするだけで、間違ってる可能性は高いです。

    お役に立てず、申し訳ありません。

    返信削除