2008年5月31日土曜日

Ubuntu 8.04 に RippedWire をインストール

DVD のリッピングソフト RippedWire またの名を HandBrakeGTK は、 GUI で操作でき、とても使いやすい。

しかし、 Ubuntu 7.10 には簡単にインストールできていたのに、 8.04 になってからインストールできない。 Ubuntu か Nano 、 RippedWire どれかがバグっているように思う。よくわからんが……

解決策を求めてしばらくさまよっていたけど、本日解決策を発見したので載せておきます。
元ネタはこちら

事前作業(ファイルの用意)
  1. RippedWire の deb パッケージをダウンロードし、ホームディレクトリにおく。
  2. monofix ファイルをダウンロードし、こちらもホームディレクトリにおく。

インストール作業
ターミナルより下記コマンドを実行していきます。
  1. sudo apt-get install mono-mcs mono-2.0-devel gtk-sharp2
  2. sudo dpkg -i monofix_1.0_all.deb
  3. sudo dpkg -i handbrakegtk_1.0.1_i386.deb

これで、アプリケーション > サウンドとビデオ に、HandBrakeGTK が入っています。

自分の環境では、上の手順でも HandBrakeGTK のインストールはうまくできませんでした。インストールしようとしているライブラリが他でも使用されているとかいう様なメッセージでエラーになってしまいます。
やむなく、 sudo dpkg -i --force-all handbrakegtk_1.0.1_i386.deb で強制的にインストールしましたが、今のところ問題は無いです。

なお、 DVD 等のリッピング等は著作権を侵害しない範囲で利用できます。

0 件のコメント :

コメントを投稿