2008年5月28日水曜日

Windows Vista のキー割り当てを keyswap で実現

仕事で使うパソコンが届きました。 Windows Vista です。 Vista に正式対応していないソフトを動かすのに四苦八苦しながら、なんとか環境を整えることができました。

さて私のパソコンのキーボードには Windows Key が左にしかありません。 CUI ランチャー Enso で右の Windows Key を使っていたので、ちょっと設定を変えないといけません。右の Shift Key を Enso を呼び出すキーに指定しましたが、右の Shift Key って、時々使ってしまいます。その度に Enso を起動してしまう。

うーん、どうにかならないものか?以前ネットをさまよっていた時に、キーの割り当てを変更するツールを見かけたなあ。キー割り当て変更のソフトを探してみよう。

keyswap が Vista でも動くらしいと目にしたので、導入しました。ダウンロードして解凍した中の Readme を読めば、使い方はいたって簡単です。早速アプリケーションキーをウィンドウズキーに割り当てました。再起動して反映されて・・・ない!

keyswap を、管理者モードで起動すると設定できました。
これで Enso が使いやすくなりました。めでたし、めでたし。

2 件のコメント :

  1. 困っていたのですが、この記事をみて、vistaでキー割り当てをすることができて、助かりました。

    返信削除
  2. tuさん、拙い記事がお役に立てた様で嬉しく思います。
    vistaではいろいろ苦労してますが、それもまた楽しみの一つだったり、そうでなかったり・・・自分なりに楽しんでやってます。

    返信削除