2008年7月30日水曜日

ネットから出前を頼んでみたよ

昨夜は仕事の都合で、職場を離れられず、しかしお腹もすいたので食事もしたくなり、出前を取ることになりました。
夏はやっぱりカレーだね!と、CoCo壱番屋にカレーを配達してもらおうと考えました。CoCo壱は配達料に1回200円(1食頼んでも200円、100食頼んでも200円なので、複数人でまとめて注文するといいですよ。)かかるのがネックですが、カレーを食べたくて仕方ないので目をつぶります。

メニューがないので、ネットで検索したところ、出前館というサイトを見つけました。配達先住所から、出前をしてくれる店を探し出して、注文をオンラインで出せるようです。
ものは試しに注文を出しました。CoCo壱の期間限定メニューのえだ豆ポテトコロッケカレーを注文。最寄り店で30分待ちとなっています。

出前館からの注文特典として、福神漬けを大盛りにできるらしい。ただ福神漬けを腹いっぱい食べたいとは思わないので、普通盛りでつけてもらうように注文しました。

注文を出すと同時に、出前館にユーザ登録が完了されます。次回からは、ユーザ名またはメールアドレスと、パスワードでログインできます。

登録したメールアドレスに、注文受付メールが来ました。
今までは電話注文していたのですが、人とのやり取りがないのが不思議な感じです。近所のCoCo壱にはどういった経路で注文が届くのでしょう?
ちゃんと現地に注文が行っているのか確認のしようないのが、不安にさせます。

表示されていた待ち時間30分をぼんやりすごしていると配達がきたー!
お金を支払い受取りました。
伝票にはネット注文とかの表示はありませんでした。配達の人もいつもどおりの対応。もちろん味もいつもどおり。

初めてネット経由で出前を頼んだけれど、慣れれば便利かもしれません。

注文しながら、サラダをつけようとか、サラダのドレッシングは何にしようとか、カレーは大盛りにするとか、辛くしようなど試行錯誤できます。電話注文とは違う、ウィンドウショッピングのようなゆとりが在る様に感じました。
人とやり取りしないので、注文が通っているのか不安でしたが、慣れれば気にならなくなるのかもしれません。
また利用してみます。

2008年7月29日火曜日

CentOS Linux の情報サイトの紹介

仕事で JAVA を使うことになりそうで、 JAVA の勉強を始めました。これが Python とかなら、もっと楽しいのだろうけど・・・
オブジェクト指向も理解しないまま、まずは環境を整えることにしました。サーバは CentOS で、 Apache と Tomcat 、そしてデータベースには MySQL を用意しようと思っています。

只今設定作業中なんですが、 同じ Linux とは言え、普段使っている Ubuntu となんだか感じが違うので戸惑っています。ついつい sudo とかコマンド打ち込んでたりします。
こんな素人 Linux 管理者の私が、参考にさせていただいているサイトを紹介します。

CentOS で構築する自宅サーバ
CentOSで自宅サーバー構築

どちらも、コンテンツ豊富かつ詳細です。素晴らしいサイトです。

2008年7月11日金曜日

IE にマウスジェスチャとか機能を追加する IE7Pro

ブラウザは Firefox を使っていて、 IE を使うのは限られた場合だけなんですが、 IE は使いにくいなあといつも思っていました。
もう少し何とかならないのか?なんとなく検索してみると、 IE7Pro っていうのを見つけました。有名なソフトのようです。

早速インストールしてみたところ、タブ機能が強化され、マウスジェスチャも使えるようになりました。それ以外にも機能はいろいろあります。

IE が少し使いやすくなりました。
フリーウェアなので、気が向いたらインストールしてみてはいかが?

2008年7月9日水曜日

Ubuntu Linux で Crusader Kings をプレイできたよ

少し前に WINE 1.0 がリリースされましたね。
WINE といっても、このブログで取り上げるのは呑むワインではなくて、 Linux 上でウィンドウズのアプリケーションを動かすソフトとしてのワインの事です。

私のメインマシン Ubuntu Linux で動かしたいウィンドウズアプリケーションは、あまり無いのですが、ゲームソフトで幾つか遊びたいものはあります。

南国の島の大統領になって統治するゲーム、トロピコは未だに時々やりたくなるソフトです。
あと、Crusader Kings も不満も有りながらも大河ドラマのような雰囲気が好きで、しばしばプレイしたくなります。

WINE をインストールして、トロピコ完全日本語版をインストールしたのですが、残念ながら日本語がはっきり表示できず、プレイに支障が出て楽しめませんでした。
日本語は鬼門の様ですが、英語版なら遊べるかもしれません。 Crusader Kings の英語版をインストールしようと思い、あらかじめ WINE HQ で調べてみると、動かない様です。

無理かなあと思いつつ、したたかに酔った勢いで、今夜インストールして動かしてみました。難なく動くじゃないですか!

ただキーボードが効かないみたいです。幸い Crusader kings はマウスだけで操作可能なので、楽しめています。サイバーフロントから日本語版も出ているので、気が向いたら購入して WINE でプレイしてみたいものです。

WINE って凄いなあと思った夜でした。

なお、私は WINE をそのままインストールしたのではなく、ゲームプレイ用の PlayOnLinuxと言うパッケージをインスト−ルしています。
PlayOnLinux について詳しく知りたい方は、下記記事が参考になるのではないでしょうか?
Open Tech Press WindowsのゲームをLinuxで楽しむ PlayOnLinux

2008年7月4日金曜日

Aipo4 のデフォルトページを簡単に設定する方法

Linux でも Windows でもサーバとしてインストールできる、いかしたオープンソースの多機能グループウェア Aipo を、ある部署で実験的に導入することになりました。

使う機能はスケジュール機能だけなんですが、 Aipo はとっても機能が豊富で、初期画面は多くのメニューで埋め尽くされています。スケジュールしか使わないので、このままだと使いづらいページになってしまってます。スケジュール以外の項目はすべて削除してしまいたい。

各ユーザごとに自分でページをカスタマイズすることは可能ですが、管理者側で初期ページを用意する機能はありません。

ユーザ追加するたびに、ユーザの画面を設定していくのは非常に手間がかかります。何か方法はないのだろうか?と探してみると、フォーラムに載っていました。
「アイポ4」ユーザーコミュニティサイト ユーザー初期画面について

こちらに載っている方法は、インストールした先のファイル(C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user\template\html\default.psml )を修正してくださいというものです。エディタで開いてみると、ちょっといじるのは面倒そうな内容。

他のフォルダを見ていると、 C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user 下に各ユーザごとにディレクトリが存在します。ユーザのディレクトリを覗くと、HTMLディレクトリの中に default.psml が存在します。
これを先ほどの C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user\template\html\default.psml にコピーしてやれば、良いんじゃないの?と思いついたので、元のファイルをバックアップしてから上書きしました。そして新たに作成したユーザでログインしてみると、先ほどのコピー元のユーザと同じ画面レイアウトになっていました。バンザーイ!

要はユーザを一人作って、そのユーザでページをカスタマイズして default.psml を置き換えれば、次から作るユーザに反映されています。すでに使っているユーザは、そのユーザの default.psml を置き換えてやればいけました。

この方法だと、エディタでいじる手間が省けるのでお勧めです。

グループウェアの導入を検討されている方は、 Aipo も検討してみてはどうでしょう?
サポートが必要なければ、無料で使うことができますし、これだけきれいにデザインされて、機能が豊富で、カズタマイズも容易なグループウェアはまずないと思います。

2008年7月3日木曜日

Mozy でバックアップ

数日前から Mozy を使い始めました。
Mozy とは Windows と Mac に対応したバックアップサービスです。クライアントソフトをインストールし、バックアップ対象のディレクトリやファイルを指定し、バックアップスケジュールを指示すればバックグラウンドでバックアップしてくれます。

私のメインマシンは Ubuntu Linux なんですが、家人が使うパソコンは Mac です。デジカメで撮った写真や、 iTunes の音楽ファイルなどが大量に入っています。音楽ファイルは失っても、お金を出せば手に入れることができるものがほとんどですが、写真は失うと二度とおなじ写真を撮ることはできません。

写真だけなら Flickr にファイルを保存することもできますが、それ以外のファイルもバックアップするとなると、他の手段が必要です。
外付けハードディスクもあるので、そちらにバックアップすることもしていたのですが、同じ場所でバックアップするのも、リスク分散を考えるとなんだかなあ・・・と感じます。

私にはオンラインのバックアップサービスが最適だと思いました。 Dropbox もいい感じなんですが、まだベータバージョンで、2GB までしか使えません。

Mozy も無料のユーザだと 2GB までしか使えませんが、有料ユーザになるとディスク容量無制限です。費用は月払いだと $4.95 。年払いだと1箇月無料、2年払いだと3箇月無料の割引もあります。値段も手ごろで、評判も良いので Mozy に決めました。

自分で使ってみて、使い勝手はいいと思います。
ユーザ登録の仕方とか、クライアントの使い方は HeavymooN さんちの Mozyの勝手日本語マニュアル公開 に詳しいマニュアルがありますので、そちらを見てください。

オンラインのバックアップということで、気になるのは回線速度ですが、私の環境では200kbpsから1Mbpsぐらいの範囲で推移していました。

バックアップに指定したファイル全てで8Gほどあったので、バックアップするのにかなり時間がかかりました。夜寝る前にセットする方法で一晩と半分ぐらいかかりました。一度バックアップしてしまえば、あとは差分を取るだけになります。月500円程度で、かけがえのないデータ(うちの場合は想い出の詰まった写真)をバックアップできるなら安いような気がします。

関連サイト:Mozy