2008年7月4日金曜日

Aipo4 のデフォルトページを簡単に設定する方法

Linux でも Windows でもサーバとしてインストールできる、いかしたオープンソースの多機能グループウェア Aipo を、ある部署で実験的に導入することになりました。

使う機能はスケジュール機能だけなんですが、 Aipo はとっても機能が豊富で、初期画面は多くのメニューで埋め尽くされています。スケジュールしか使わないので、このままだと使いづらいページになってしまってます。スケジュール以外の項目はすべて削除してしまいたい。

各ユーザごとに自分でページをカスタマイズすることは可能ですが、管理者側で初期ページを用意する機能はありません。

ユーザ追加するたびに、ユーザの画面を設定していくのは非常に手間がかかります。何か方法はないのだろうか?と探してみると、フォーラムに載っていました。
「アイポ4」ユーザーコミュニティサイト ユーザー初期画面について

こちらに載っている方法は、インストールした先のファイル(C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user\template\html\default.psml )を修正してくださいというものです。エディタで開いてみると、ちょっといじるのは面倒そうな内容。

他のフォルダを見ていると、 C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user 下に各ユーザごとにディレクトリが存在します。ユーザのディレクトリを覗くと、HTMLディレクトリの中に default.psml が存在します。
これを先ほどの C:\aipo\dpl003\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\psml\user\template\html\default.psml にコピーしてやれば、良いんじゃないの?と思いついたので、元のファイルをバックアップしてから上書きしました。そして新たに作成したユーザでログインしてみると、先ほどのコピー元のユーザと同じ画面レイアウトになっていました。バンザーイ!

要はユーザを一人作って、そのユーザでページをカスタマイズして default.psml を置き換えれば、次から作るユーザに反映されています。すでに使っているユーザは、そのユーザの default.psml を置き換えてやればいけました。

この方法だと、エディタでいじる手間が省けるのでお勧めです。

グループウェアの導入を検討されている方は、 Aipo も検討してみてはどうでしょう?
サポートが必要なければ、無料で使うことができますし、これだけきれいにデザインされて、機能が豊富で、カズタマイズも容易なグループウェアはまずないと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿