2008年8月30日土曜日

twitter の様な日記サイト Diary.com

今日紹介するのは twitter ぽい日記サイト Diary.com です。
このブログ net3 は、人様にお見せできるよう、自分なりに気を使ってはいますが、人の目を意識せずメモ代わりに使えるブログみたいなのは無いかな?と思っていました。
もちろん認証をかけたり、プライベートモードがあるブログも知っていますが、求めているのはもっと簡単なつくりのものでした。

Diary.com の仕組みは、アカウントを取ると非公開の日記サイトが一つ作成され、あとから公開用日記サイトを幾つでも(?)作成できます。ドロップダウンリストで日記を選ぶだけで使い分けることができて簡単です。

公開といっても Diary.com ユーザ内に対して公開するだけで、アカウントを持っていない人はアクセスできないようです。

ブログのように高度な記事の編集はできませんが、動画やリンクを投稿することは可能です。動画やリンクの URL を投稿するだけです。ただ、一緒にコメントを投稿すると、うまく処理してくれません。また2つ以上 URL は投稿させてくれません。

気に入ったサイトを投稿するブックマークレットもあるんですが、日本語サイトのタイトルは文字化けして使えませぬ。
投稿した記事は削除できるけど、作成した日記サイトは削除できません。
日記サイトなのに投稿記事に日付は付かず、何分前とか何日前という表示。投稿日時は表示しないと日記の役目果たさないと思うのだけど・・・3日以上前になると、日付が表示されました。

上記のような制約はありますが、 ToDo 用や欲しいもの記録用、仕事用、毒吐き用などいろいろと使い分けることができます。
私はメモ用として使っていくつもりです。見た目もシンプルで気にいっています。

2009-09-01 追記
こちらのトラブルで、アカウントにアクセスできなくなってしまいました。ベータ版だから不安定なのかもしれません。

2008年8月29日金曜日

Windows Vista で Telnet を使う

昨日気がついたんですが、職場のパソコン Windows Vista と Windows 2008 Server で Telnet クライアントを使おうとしたら、使えないじゃないですか!
セキュリティ上望ましくないから無効にしているのかなあ。

調べてみると、有効化する方法がありましたので、メモとして載せておきます。
  1. コントロールパネル > プログラム > プログラムの機能 を起動します。
  2. 左のメニューの Windows の機能の有効化または無効化 をクリックします。
  3. Windows の機能 ウィンドウが表示されます。
  4. その中の Telnet クライアントにチェックを入れて OK をクリックします。
  5. 更新処理が終われば、 Telnet が使えるようになっています。更新処理は、結構長くかかりました。

2008年8月28日木曜日

コーエーのブログパーツは凄まじい

信長の野望とか、三国志のゲームで有名なコーエーのブログパーツを下記に貼ります。音が出るので、お気をつけ下さい。


興味のある人は、クリックしてみてください。

何度かクリックを続けていると・・・!

凄まじい事に。幾つかパターンが有る様です。

こういうの面白いですね。

2008年8月22日金曜日

Tomcat に、サーバーポート 8084 はすでに使用されています。と言われたら

最近職場の Windows Vista で NetBeans を使って、 Java の勉強として JSP とか弄ってます。
NetBeans は Eclipse と違って、オールインワンで導入したらすぐ開発に入れるのがいいですね。

NetBeans 終了時、たまに tomcat がきれいに終了されなくて、 次に起動したときに、"サーバーポート 8084 はすでに使用されています。"とメッセージが出て、tomcat が起動しなくなることがありました。

その場合は、 Java のプロセスが残っているのが原因なので、タスクマネージャで Java のプロセスを終了させれば回復しました。対象のプロセスは、プロセスの説明に Java なんとかって載っているのでわかると思います。

2008年8月21日木曜日

Google APP Engine 技術文書が日本語化されています

Google APP Engine技術文書がいつのまにか日本語化されてました。
Google App Engine を使用すれば、Google アプリケーションを実行しているのと同じ拡張性の高いシステムで Web アプリケーションを構築できます。
Google App Engine では、容量500 MBと、月間500万ページビューまで使えるそうです。ウェッブアプリケーションを思いついたけど、サーバが無い人には利用する価値があるでしょう。私も何か作ってみたい。

アカウントを作成してみました。
ここから Google アカウントでサインインして、アカウントを取る事ができます。携帯のメールアドレスが必要で、そのアドレス宛にきたメールに書かれている Google App Engine Code を入力してアカウントの作成となります。

技術文書も日本語化されたし、下記サイト等を参考にボチボチ触っていこうと思います。

Google App Engine詳解:さっそくHello Worldから作ってみた

第4回 Google App EngineでPythonプログラムを公開してみる

2008年8月14日木曜日

木工製品の販売サイト

今日たまたま見つけたのが、表題の木工製品の販売サイトです。
名前は「Maeda Craft Factory (前田製箱株式会社)」さん。

サイトも見やすく、見ているだけでも楽しいものがいっぱいです。特に私がそそられたのが、海賊宝箱シリーズです。これは、大人になっても子供の心を忘れない(別の言い方で、子供っぽいとか幼稚なとも言われます)私には、欲しくて欲しくてしょうがないようなものです。

ただ、値段が1万円からなんです・・・
こづかい制の自称海賊にはきついっす。

でも宝箱に自分の大切なものを隠すのって、男の憧れじゃないですか?

いつか買おう!
そう思わせてくれる、素敵な商品満載のサイトです。

なお、アフェリエイトとか、広告料等は一切絡んでいません。気軽にサイトに飛んでください。宝箱の他にも、ワイン箱とか樽とか、あたりまえだけど椅子や机もありますよ。

木って良いよねえ。

2008年8月13日水曜日

Google Insights for Search を触ってみたよ

Google Trends の後継と目される、 Google Insights for Search ベータが出ていました。

とりあえず、 Death Note, Naruto, Dragon Ball で検索してみました。
Google Trends の結果と、 Google Insights for Search の結果で、Death Note と Dragon Ball の順位が逆になるのは、集計対象や集計ロジックに変更があったのでしょう。

Insights の方を眺めてみると、 Death Note はタイ、フィリピン、シンガポール、マレーシアで人気があるようです。タイのコスプレでは、Lばっかりとかいう記事をどこかで見たことがあります。
Naruto は、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ドミニカ共和国、チリ、ブラジル、ペルー、アルジェリア、フランスで人気のようです。忍者ものだからアメリカで大人気かと思ったら、東南アジアと南米で人気でした。意外です。
最後の Dragon Ball は、コロンビア、ペルー、メキシコで人気のようです。現在アニメが放送中なのかな?

Insights にはマップが表示され、インデックス数によって色分けされています。盛り上がっている国は濃い色になっています。このマップをクリックすると、各国の詳細に移ります。日本をクリックすると、Death Note が一番盛り上がっているのは高知県ということがわかります。
Naruto は沖縄が一番人気です。なんでだ?

日本語でも検索可能で、カタカナで検索すると結果が違ってきます。
デスノート、ナルト、ドラゴンボールで検索した結果です。いまだにドラゴンボールが他を抑えて人気のようです。
ちなみにナルトが人気なのは徳島県なんですが、これは鳴門の渦潮がカウントされていると想像できますね。

Google Trends でもいろいろ比較して楽しめましたが、 Google Insights for Search は更に使い勝手のよい比較ができそうです。

2008年8月11日月曜日

Ubuntu に楽々コーデックなどをインストールしてくれる Ultamatix

Ubuntu Linux に DVD や wmv 形式のファイルを再生できるようにするには、各種コーデックをインストールしなければなりません。以前は、 Automatix という優れたツールが存在していました。 しかし、その Automatix の開発は止まり、 Ubuntu 8.04 では利用することができなくなりました。私のようなヘボ Linux User にとって、簡単にコーデックなどをインストールすることができる Automatix は便利なものだっただけに、残念に思っていました。

Automatix の後継ソフトというべき Ultamatix が登場しました。今後、コーデック等インストールする場合は、 Ultamatix をインストールして、 Ultamatix からコーデック等をインストールしていけば簡単だと思います。

インストールは、サイトから deb パッケージをダウンロードし、ダウンロードファイルをダブルクリックでインストールするだけです。

参考記事
Open Tech Press UbuntuまたはDebianの新米ユーザに朗報:UltamatixはAutomatixの後継ソフト

2008年8月7日木曜日

Google Maps Street View で15年前の店に再開

グーグルマップにストリートビュー機能がつきましたね。今の所、東京と大阪ぐらいしかストリートビューは使えないので、田舎住まいの私には関係ない機能だなあと思っておりました。

今日何となく東京の街角を眺めていて、昔泊まったホテルや食事をした場所等を探していました。そうしたら、15年前に独りで入ったイタリア料理店を見つけました。店の名前も忘れていたので、調べようが無いとあきらめていたのですが、イタリア料理店で検索した場所をストリートビューで見ていくと、思い出の店の入り口が見えたのです。

あっ、ここ!ここ!
独りハシャイでしまいました。

そのイタリア料理店の思い出を、少し語ってもよろしいでしょうか?

それは出張で、7月中旬に東京に行ったときの事でした。
移動の当日は自由な時間でした。FM東京で放送されているサタデー・ウェイテイング・バー・アヴァンティのファンだった私は、アヴァンティを探すぞ!と意気込んで出かけていきました。

仙台坂を上って、左に曲がり、うろうろうろうろ探し続けましたが、見つかりません。途中から大雨になり、服も靴もびしょ濡れになりました。

かなりくたびれた私は、とりあえずイタリア料理を食べて帰ろうと思い、近くの店に入ったのです。

それが今回再開したお店「リストランテ ラ・コロンバ」だったのです。

ジーンズにTシャツ、しかもずぶ濡れの私は、店内に入った瞬間失敗したと思いました。あまりにもきちんとした店内だったので、正装じゃないと入れないだろうと思いました。出て行こうと思いましたが、お店の人はいらっしゃいませと嫌な顔も見せずに、丁寧にテーブルまで案内してくれました。メニューは適当なコース料理を頼み、ハーフボトルの白ワインを頼みました。
大雨のためか客は他にいませんでした。

店員がワインの栓を抜き、コルクを渡してきます。まさかこれが漫画とかで読んでいたティスティングと言う奴か!落ち着け、身なりは汚くてもそれなりの対応をしなくては、確かコルクをクンクン臭うのは間違いで、コルクに焼き印された銘柄と、ボトルのラベルに相違がないか確かめるのだったな。うん、間違いは無いような気がする・・・
続いて、グラスに少しだけワインが注がれる。一口飲んで、大変美味しゅうございます。じゃなくて結構ですと答えた。なんとか生まれて初めてのティスティングをやり過ごせました。

出てくる料理はどれも、むちゃくちゃ美味しく、独り美味い美味いと心で叫びながら平らげました。
食後に飲んだエスプレッソは、未だかつてこの味を超えるエスプレッソに出会う事が無いほど美味しかった。苦みの中にある甘みが最高でした。デザートも好きなだけ取ってくださいと言われましたが、2つだけ食べました。甘いものがあまり好きでない私でも、これは丁寧に作られた上質のデザートだなあと感動しました。

もう一度行けるのなら行きたいと思いながら、店の名前も忘れ、どうにもならず早15年。今更ながらに再開できたことに感謝したいと思います。
ありがとう、ストリートビュー!

2008年8月1日金曜日

こっそり大人買い

私いい歳なんですが、マンガがけっこう好きです。気に入った漫画を見つけたら、今出版されている単行本はすべて購入したいのですが、おっさんがマンガを抱えて本屋の中をうろうろしている様は、みっともない気がします。
恥ずかしいので、2、3冊を何回かに分けて買ったり、A書店で3冊、B書店で3冊、C書店で3冊と、本屋をはしごして分散購入したこともあります。

最近は Amazon とかネットで注文出せるので、恥ずかしがる必要もなくなってきました。しかし何十冊も一気に買うには Amazon など一般的なショッピングサイトはオペレーションが面倒です。
そんな私や貴方に最適なサイトを見つけました。

マンガ全巻購入に特化したサイト、マンガ全巻ドットコムです。
その名の通り、マンガ全巻を購入するためのショッピングサイトです。1冊ずつなんて購入できません。全巻購入しかできない、この思い切りのよいシステム。男らしい……

さあ貴方も、ほしかった漫画を大人買いしてみましょう!

下記サイトに、マンガ全巻ドットコムのインタビューがありましたので、参考までに載せておきます。
引きこもりセットが生んだ「マンガ全巻一気買い」サイト