2008年10月31日金曜日

Linux でも Mac でも Windows でも使える画像加工ソフト Seam Carving GUI

シームカービング技術というのを使った画像編集ソフトの紹介。
素敵な写真が撮れたけど、一部分だけ余計なものが写ってしまったとかたまにありますよね?プロならうまく加工することもできるのだろうけど、私が画像編集ソフトでいじると、不自然になってしまいます。

そこでこの Seam Carving GUI の出番ですよ!

除きたい個所を Mark area for removal でエリア指定し、 Remove ボタンを押せば、自然な感じで除いてくれます!

理論はもうひとつわからないのですが、削除する周りのエリアを伸ばしてるみたい。
削除エリアが大きいと、まわりがひきつった感じになります。
ひきつらせたくない部分は、 Mark area for retaining で保護しておくと良いです。

大きく画像をかこうするのは難しいのですが、ちょっとしたゴミを削除するのには便利です。

対応 OS は Linux 、 Mac 、 Windows です。素晴らしい! Linux はソースをコンパイルしないといけないんですがね・・・
ダウンロードは下記からできます。
seam-carving-gui Google code

参考記事:窓の社:“シームカービング”技術を利用できる画像編集ソフト「Seam Carving GUI」

雑記
10月はあまり更新ができませんでした。というのも仕事でサーバサイド JAVA を本格的に使うことになり、1週間研修を受けてました。オブジェクト指向に何度も挑戦し、その度に車やタイ焼き、動物に例えるわけのわからん説明で挫折してきましたが、今回は講師の方がメモリ上の動きを説明してくれたので、すんなり理解できました。
完ぺきに理解したわけではないんですが、大きく前進しました。疲れたけど、楽しい10月でした。

さて、Ubuntu 8.10 もリリースされましたね。明日からは Ubuntu 界隈のブログが盛り上がってくるでしょうね。私もちょこちょこ記事にしていきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿