2008年11月25日火曜日

Adobe Air で動く 年賀状デザインキット

年賀状の枚数は私を支えてくれる人の数です。とかなんとか言うCMがありますね。私にとって年賀状の枚数は、切りたくても切れない腐れ縁の数です。
今年もそろそろ年賀状の準備をしないといけません。

私のお勧めは、日本郵政グループが出している「年賀状デザインキット」です。
なんとこれ、Adobe Air で動いてるんですよ。なんで、アップデートもウェッブ経由で行われます。デザインテンプレートの更新が行われて、デザインが増えたりします。
無料で使えるし使い方も簡単なので、使ってみてください。

これまで Adobe Air で動作するアプリケーションの必要性をあまり感じなかったのですが、この年賀状デザインキットを使って考えを改めました。
ウェッブアプリだと、ブラウザからどんなふうに使うんだろうと無意識のうちに身構える感じなんですが、ローカルアプリと同じように使えるのでユーザは馴染みやすいなあと感じました。

なかなかいいですね。 Adobe Air.

さて明日から1週間出張です。次回の更新は12月になると思います。ではでは……

2008年11月21日金曜日

EASEUS Disk Copy を使った

2017-03-28 追記
コメントを頂いたように、日本語公式ページができていましたので、さらに導入しやすくなったのではないでしょうか。
EASEUS Disk Copy 日本語公式HP
 良いツールを見つけても開発止まったりすることがありますが、継続してると安心感もありますね。
追記終わり

職場のオペレート用パソコンがブルースクリーンになった。再起動したら使えるようになったけど、念のためイベントビューアを見るとディスクエラーが頻発していた。ディスク交換を手配した。

このオペレート用パソコンには様々なアプリがインストールされ、設定も複雑。ディスク交換後、再インストールはたいへんだ。

ディスクが完全に壊れた訳ではないので、ディスクをコピーできないのかと考えた。ネットで検索すると、 EASEUS Disk Copy というのを見つけた。

ダウンロードしたファイルを CD に焼き、その CD でブートしたメニューから、ディスクコピーまたはパーティションコピーをする。対応しているハードディスクはIDE、SATAI、SATAII、SCSI、IEEE1394、USB接続のディスクなので、内蔵のハードディスクを USB に接続したハードディスクにコピーした。

40G のディスクコピーに3時間30分ほどかかった。どうもデータ量は関係なくて、ディスク容量で処理時間がかわるような気がする。

ディスクエラーが起こっていたので、うまくコピーできるか不安でしたが無事コピー完了しました。制作者の方に、ネットの片隅でありがとうと叫びたい!

2008年11月19日水曜日

bat ファイルでファイル圧縮

仕事で使っている Windows パソコンで、ちょっとしたバッチファイルが必要になったので作成しました。そのメモ。

毎週、あるファイルを圧縮し、圧縮したファイル名に日付を付けて別のドライブに移動することをしていました。
たいした作業でもないのですが、手作業でやるのも面倒になってきたのでバッチファイルで実行するようにしました。

圧縮ソフトには Lhaplus を使用しています。
"C:\Program Files\Lhaplus\Lhaplus.exe" /c:lzh /n:C:\SampleDir\SampleFile_%date:~-10,4%%date:~-5,2%%date:~-2,2% C:\SampleDir\SampleFile.txt
move C:\SampleDir\SampleFile_*.lzh D:\MoveDir\
pause

1行目
C ドライブの SampleDir フォルダにある SampleFile.txt を lzh 形式で圧縮し、ファイル名を SampleFile_20081118.lzh というように日付を後ろにつけます。
2行目
C ドライブ SampleDir フォルダの SampleFile_*.lzh ファイルを、 D ドライブの MoveDir に移動させます。
3行目
うまく処理されているか確認するため、バッチファイルを止めてます。

Lhaplus のコマンドライン引数は下記サイトが参考になります。
開発リソース/Windows/Lhaplusのコマンドライン引数

日付を扱うのに参考にしたページは下記。
@IT:バッチ・ファイル中で日付をファイル名に使用する

2008年11月18日火曜日

YouTube の URL に高画質用の &fmt=22 を追加する Bookmarklet

YouTube の URL 末尾に、&fmt=22 を追加すると、 HD 対応の 1280×720 px の高画質画像で見れます。

参考サイト:教えてくん.net YouTubeのHD化(1280×720)仕様やダウンロード方法まとめ

ほほう、どれほど高画質?って、試しにフルスクリーン表示させてみるとパソコンがテレビに早変わり!今まで画質が悪くてもあまり気にしていなかったけど、この美しさで慣れてしまうと今までの画像では楽しめない体になってしまうかも・・・

サンプルとして標準画質と、高画質版の Link を載せます。上が標準画質です。
http://jp.youtube.com/watch?v=30A2obTybkE
http://jp.youtube.com/watch?v=30A2obTybkE&fmt=22

フルスクリーン表示すると、はっきりと違いがわかりますね。いえ、フルスクリーンにしなくても違いがわかります。

全ての動画が高画質で見れる訳ではありませんが、 URL 末尾に &fmt=22 を追加して試してみても良い。でも、いちいち URL に入力するのも面倒でしょう。ブックマークレットを作ったので、使ってください。

YouTube高画質URL移動

上記リンクをブックマークに登録して、 YouTube のサイトでクリックすれば、 URL 末尾に &fmt=22 を追加したページに移動します。高画質なファイルが無い場合は標準画質で再生されてしまいます。
別のタブで開くのがよければ、下記リンクをお使いください。

YouTube高画質URL別タブ

使いにくければ、ご自由に改変してください。

ScreenToaster を使ってみた

ブラウザから利用できるスクリーンキャプチャソフト、 ScreenToaster の招待メールが届いたので、使ってみました。

Webアプリなんだけど、デスクトップ操作を動画で保存でき、コメントや音声を付加できます。ファイルは自動でアップロードされます。アップロードしたファイルは、基本はプライベートで公開されませんが、チェックを外せば公開されます。

パソコンの操作手順なんかを文章で用意したことのある方はわかると思いますが、かなりめんどうです。わかりやすくするためにスクリーンショットを載せたり、画像加工したりといろいろ気を使います。
動画で公開するのならコメントを追加すれば良いぐらいで、作成する方は楽だし、見る方はわかりやすい。このサービスはかなり使えますね。

さてこの ScreenToaster ですが、まだプライベートベータなので、招待メールが必要です。招待メールがほしい人は ScreenToaster のサイトで、Beta Request にメールアドレスを登録しておきましょう。私は1週間ぐらいで招待されました。
招待メールにはレジストリコードが載っているので、それをつかってユーザ登録してください。簡単なチュートリアルを下記に載せておきます。もちろん ScreenToaster で作成したものですよ。



この ScreenToaster は Java で動作しているようなので、 Linux でも Mac でも Windows でも使えます。
アプリのインストールもいらず、これだけ使い勝手の良いサービスに、かなり興奮しています。素晴らしい!

参考サイト
DL要らずのスクリーンキャスト録画ツール「ScreenToaster」がバージョンアップ

2008年11月14日金曜日

Word 2007 で古いバージョンのファイルを開くと Windows ごと落ちる

職場でのトラブル対応。
とある部署から、以前作成したワード文書を Word 2007 で開くとOSごと終了するので、何とかしてくれぇぇぇ!と悲鳴が届いた。詳しく聞くと、1ファイルではなくほとんどのファイルだそうだ。
ファイルを送ってもらい自分のパソコンで開くと、即ブルースクリーンに……
再起動してもう一度開くと、ブラックスクリーンに……

イベントビューアを見ると、ファイルが破損している様なメッセージが表示されるが、 Office 2003 以前で開くと何も問題はない。やや特殊な作表をしているのが気になるが、旧バージョンではサクサク動くのだから大丈夫なんだろう。

それらしい事例はないのかマイクロソフトのサイトで検索したけど出てこない。
Word の設定で何とかなるかもと思い、いろいろ設定を変えて試してみるが、ことごとく Windows を道連れに落ちる、落ちる、落ちる……パソコンが壊れるっちゅうねん。

結局、ためしに Office 2007 SP1 を当てたら落ちなくなりました。

Windows Vista のアップデートでは、サイトに飛ばずに自動で更新を確認してインストールするんだけど、オフィスのサービスパックを自動で適用してくれないし、サービスパックがあるよと教えてもくれない。
IE でアドレスを指定してアップデートサイトに行っても、OSのアップデート機能を使えと拒否されるし、なんか不親切だなあ。やっぱ Windows は嫌いだ。

2008年11月10日月曜日

Linux と Mac で、 MD5 の計算

皆さんはファイルをダウンロードしたとき、 MD5 というかハッシュ値のチェックを行ってますか?
Linux 使いは、ディストリビューションのイメージファイルをダウンロードしたときなんか、チェックしている人も多いと思います。

実は私はしていません。だって、ダウンロードで失敗することなんて、まずないですよね?
そう思っていたら、今日ダウンロードに失敗していました。とほほ……

そういうわけで、ダウンロードしたファイルの MD5 のチェック方法をメモとして載せておきます。私が忘れそうなんでね。

Mac と Linux のそれぞれの方法を載せておきます。

まずは、 Mac でハッシュ値を求める方法。
ターミナルを起動して、下記コマンドを実行するだけです。

openssl md5 ファイル名

次は Linux です。
これもターミナルからコマンドを実行します。
md5sum ファイル名

Mac も Linux も、ファイル名には、場合に応じてパス名も含みますよ。

計算したハッシュ値を、もとファイルのハッシュ値と比較して、正常にファイルがダウンロードできているか確認しましょう。無事ダウンロードできてますか?

ん、Windows はどうやるのって? 適当に窓の社とか Vector からでもツールをダウンロードして計算してください。え、ダウンロードしたツールの MD5 はどうやって求めるのって?そんな鶏が先か卵が先かみたいな問題出さないでください。秋の夜長に、悩んでしまうじゃないですか……

2008年11月9日日曜日

Ubuntu Linux でデスクトップキャプチャ

私、タイトルに一部嘘をついておりました。申し訳ございません。
Ubuntu ではありません。派生ディストリビューションの Linux Mint で、デスクトップキャプチャソフトを導入しました。まあリポジトリは一緒なので、導入手順も変わりません。勘弁してちょんまげ。えっ?その言い方が気に入らないですって!ごめん臭い。ん?もう良いって!では本題に入りましょう。

導入は簡単。下記コマンドをターミナルから入力してください。

sudo apt-get install gtk-recordMyDesktop

インストールが済むと、アプリケーションメニューの"サウンドとビデオ"に、gtk-recordMyDesktop が入っています。

使い方
  1. gtk-recordMyDesktop を起動します。
  2. 画面に録音ボタンがあるので、それをクリックするとデスクトップ全体のキャプチャを始めます。
  3. gtk-recordMyDesktop 自体はタスクバーに格納され、停止ボタンだけ表示するようになります。
  4. 停止ボタンをクリックするとキャプチャが終わり、再び gtk-recordMyDesktop のメニューが表示されるので、そのまま終了させてください。
  5. デフォルト設定で、 Home ディレクトリにキャプチャしてファイルが保存されています。ファイル名はデフォルトで out.ogg です。

ファイル形式は ogg しかありません。また特定のウィンドウだけをキャプチャする機能もあるようですが、私の環境では録画停止時に処理が止まってしまってうまくいきませんでした。

多少欠点はありますが、操作手順などを文章で書くと大変ですが、操作をキャプチャして公開すると説明は楽だし、見る方もわかりやすいですよね。何かのときに役立ちそうです。

2008年11月7日金曜日

Bionade を飲んだよ


Bionade, originally uploaded by Der Hannes.

たまには飲み物の話でも。

ドイツで造り出された、有機発酵した炭酸飲料ビオナーデ。初めて耳にしたときから飲みたい、飲みたい、と熱く思っていました。しかし私の住む片田舎では販売している所などありません。

先日 Amazon が、食品&飲料も取り扱うようになりました。ひょっとして、ビオナーデがあるんじゃ?半信半疑でサイトを覗くと、ビオナーデがありました!

早速4種類、エルダーベリー、ライチ、ジンジャー&オレンジ、ハーブを1本ずつ注文。
昨日届きました。

まだエルダーベリーは飲んでないのですが、他の3本は飲んだので感想を...

実は私はわくわくしつつも、たいして美味しくもないオーガニック飲料ではないのかと疑っていました。ノンアルコールビールのような、美味しくないビールを想像していました。

飲んでみて、ビールじゃないなが第一印象。ビール醸造メーカが作ったとかいうから、勝手にビール風味を想像していましたが、だれもビール風味とは言ってないよね。
味は不思議な美味しさです。やや甘さがありますが、なんとなく飲んだ事あるような感じがします。

一口飲んだ家人が発した言葉は、お酒の味だね。

そうだ、昔飲んだお酒の味だ。だけど、何の酒?

ようやく思い当たったのはベルギービール。ベルギービールは800種類以上の地ビールがあると言われ、銘柄ごとに全く違う味わいがあります。中には木イチゴをつけ込んだフルーティなものや、何年も熟成させたものもあります。そのどれもが自然な優しい味わいを感じさせてくれるのです。

そのベルギービールの味わいに似ていると思いました。自然の優しい味わいです。

私はライチが一番美味しかったので、また買おうと思います。瓶もおしゃれだし、贈り物にも良いかもしれませんね。

2008年11月4日火曜日

メモリ不足のパソコンに Ubuntu をインストールする

古いパソコンに Ubuntu をインストールする場合、メモリ不足だと通常の CD ではインストーラが起動しません。私が所有している古いパソコンでも1台192MBのメモリしか積めないものがあります。

Alternate CD を使えばインストールできますが、8.10では Alternate CD が用意されていないみたです。以前は Live CD で起動したデスクトップからインストールを開始してましたが、直接インストールメニューを起動できるようになったので無くなったのかもしれません。そのインストーラが動けばいいのですが、メモリ192MBでは起動途中で止まってしまいます。

もはやメモリ不足のパソコンに、インストールする術は無くなったのか?

いえあります。

ネットに繋がっているパソコンにインストールするのなら、Ubuntu Lite を使えばできます。

Ubuntu Lite 公式ページの上部メニュー Get Ubuntulite から Mini Installer CD をダウンロードします。
ダウンロードした iso をディスクに焼いて、そのディスクで起動すればインストールが始まります。

このインストーラはネット経由で必要なファイルを落としてくるので、回線が遅いときついです。それなりの回線でも通常のインストールより時間がかかります。

インストーラは言語に日本語を選択すれば、それ以降のメニューはすべて日本語で進むし、ダウンロード元も日本のサイトをデフォルトで選んでくれます。しかも必要パッケージのインストールが終わっってデスクトップ環境を選ぶとき、 Ubuntu, Xbuntu Kubuntu, ... と (たぶん)全ての Ubuntu ファミリーの環境を選択してインストールできます。私は Ubuntu だけを選択してインストールしました。

再起動して Ubuntu を立ち上げてみると、すべて日本語化されていました。メモリ不足のため動作はもっさりしていますが、使える範囲内です。

この Ubuntu Lite はインストーラとして、かなり優れた存在だと思います。あ、言い忘れていましたが、11月3日時点ではまだ 8.10 には対応していません。
古いパソコンで Ubuntu 系 Linux を使いたい方にはお勧めです。

2008年11月3日月曜日

Linux Mint はやっぱいいなあ

Ubuntu 8.10 だとファンがフル回転するので、8.04に戻したんですが、派生ディストリビューションの Linux Mint にしました。

Ubuntu だと茶色の画面は好みがわかれるところで、私はあまり好きじゃないのでいつもカスタマイズしています。そのカスタマイズ作業が面倒と感じるし、 MP3 や DVD に対応させるにはコーデックなどをインストールしてやらないとダメです。

はなから MP3, DVD の再生に対応している Linux Mint は、デザインも黒基調の落ち着いたものなので、私としてはカスタマイズも不要。手間いらずのよいディストリビューションです。Ubuntu の茶色に違和感を感じたり、コーデックのインストールが面倒だなあと思う方におすすめです。

公式ページからダウンロードして、日本語化の手順を踏んでもいいし、ライブCDの部屋さんから日本語化されたイメージファイルをダウンロードするのも吉です。

2008年11月1日土曜日

Ubuntu 8.10 で DVD 再生

Ubuntu 8.10 をインストールした際、 DVD って標準で再生されるのかな?とテストだけしました。
結論から言うと標準ではサポートされていません。

DVD をマウントすると、 Totem 動画プレイヤを起動して再生の為のプラグイン(?)をダウンロードしますかと訪ねてきて gstreamer 系のファイルをダウンロードして再生しようとするけど動きません。

仕方ないので、以前 8.04 で再生した方法をとります。
以下のコマンドをターミナルから実行していきます。
  1. sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list

  2. sudo apt-get update && sudo apt-get install medibuntu-keyring apturl && sudo apt-get update

  3. sudo apt-get install libdvdcss2 w32codecs totem-xine libxine1-plugins
これで動くはずとおもったのに、 Totem がエラーをはく。ひょっとすると先に入った gstreamer 系とぶつかっているのかな?
追加と削除で gstreamer 系を削除すると無事再生できました。

最初からコマンド叩けば、手間が省けたのに・・・

Ubuntu 8.10 でファンがフル回転

昨夜 Ubuntu 8.10 のディスクイメージをダウンロードし、今朝クリーンインストールしました。
インストール後、起動するとファンがフル回転しつづけうるさい。8.04のときはこんな事は無かったのだが・・・

ネットで調べても、特に情報は無い。昔の情報で、NVIDIAのドライバがおかしいなんて話がある。私のパソコンもグラフィックはNVIDIAだ。

うるさくて使う気になれないので、8.04に戻しました。しばらくして解決策でも見つけたら再インストールしてみようと思う。