2008年11月18日火曜日

ScreenToaster を使ってみた

ブラウザから利用できるスクリーンキャプチャソフト、 ScreenToaster の招待メールが届いたので、使ってみました。

Webアプリなんだけど、デスクトップ操作を動画で保存でき、コメントや音声を付加できます。ファイルは自動でアップロードされます。アップロードしたファイルは、基本はプライベートで公開されませんが、チェックを外せば公開されます。

パソコンの操作手順なんかを文章で用意したことのある方はわかると思いますが、かなりめんどうです。わかりやすくするためにスクリーンショットを載せたり、画像加工したりといろいろ気を使います。
動画で公開するのならコメントを追加すれば良いぐらいで、作成する方は楽だし、見る方はわかりやすい。このサービスはかなり使えますね。

さてこの ScreenToaster ですが、まだプライベートベータなので、招待メールが必要です。招待メールがほしい人は ScreenToaster のサイトで、Beta Request にメールアドレスを登録しておきましょう。私は1週間ぐらいで招待されました。
招待メールにはレジストリコードが載っているので、それをつかってユーザ登録してください。簡単なチュートリアルを下記に載せておきます。もちろん ScreenToaster で作成したものですよ。



この ScreenToaster は Java で動作しているようなので、 Linux でも Mac でも Windows でも使えます。
アプリのインストールもいらず、これだけ使い勝手の良いサービスに、かなり興奮しています。素晴らしい!

参考サイト
DL要らずのスクリーンキャスト録画ツール「ScreenToaster」がバージョンアップ

0 件のコメント :

コメントを投稿