2009年2月25日水曜日

Mii のようにアバターを作成できるサイト

ブログとかでプロフィールページに写真を載せたりしますが、本当の写真ってなんとなく載せにくいですよね。
多少デフォルメした似顔絵なら、載せられる方も多いのではないでしょうか?

似顔絵なんて難しくて描けないですって?大丈夫、お手軽なサイトがありますよ。
任天堂 Wii の似顔絵機能 Mii のようなサイトを見つけたので紹介します。

My Avatar Editorです。

下記のように画面から顔のパーツを選び微調整して作っています。まったくもって Mii です。

マイアバターエディタのスクリーンショット

作成したアバターは保存もできるし、JPEG や PNG ファイルに書き出しもできます。
簡単で使っていて楽しいですよ。

2009年2月23日月曜日

NetBeans 6.5 で UML を使う

最近 Java を学習です。ふつうは Eclipse を使うんでしょうが、 NetBeans を使ってます。
Java を学んでいたら UML も習得しないとなあと感じ、 NetBeans で UML を作成しようと思っています。
NetBeans で UML を扱う方法と言うか、プラグインを入れるだけなんですが、メモとして載せときます。

UML プラグインのインストール
  1. NetBeans を起動し、メニューより ツール > プラグイン を選択。
  2. プラグインウィンドウが表示される。
  3. 使用可能なプラグインタブで、右上の検索ボックスに UML と入力。
  4. UML のプラグインのみが表示される。
  5. UML のインストールにチェックを入れ、左下のインストールボタンをクリック。
  6. インストーラが表示されるので、次へをクリックしながら進める。
  7. しばらくダウンロードとインストールが行われる。
  8. インストールが終了したら、インストールとプラグインウィンドウを閉じる。
UML プロジェクトの作成
  1. メニューより ファイル > 新規プロジェクト を選択。
  2. 新規プロジェクトウィンドウが表示される。
  3. カテゴリから UML を選択し、プロジェクトは自分の目的に合ったものを選ぶ。今回は Java プラットフォームモデルを選択。
  4. プロジェクト名や、プロジェクトの場所を付ける。
  5. 図の種類では、作成する種類を選択。今回はユースケース図を選択。

NetBeanでユースケース図を作成したスクリーンショット

とりあえず今回はここまで、 UML について学んだことをメモ代わりに載せようと思います。

2009年2月20日金曜日

社内サイト利用時 IE に activex と codecs の認証を求められたら

新しく支給された Windows パソコンで、社内のシステムにブラウザで繋ぐと、http://activex.microsoft.com/ と http://codecs.microsoft.com/ に対してユーザとパスワードを求められるんだけど?と連絡が入った。

うちのネットワークは web に繋ぐときには認証が必要で、社内システムに繋いでいるのに IE が勝手に社外に接続している模様。

調べてみると、 Microsoft のサイトに機械翻訳されたページがヒット。
ActiveX コントロールがレジストリ内の変更の CODEBASE Value での

ページのタイトルからして、意味不明。解決方法もレジストリのHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet の設定の値を変えろと書いているだけで、こう変えろとは載っていない。とりあえず下記のように変更したところ、認証は出てこなくなりました。

変更前
CODEBASE; <http: com="" objects="" dll="">; <http: com="" isapi="" dll="">

変更後
CODEBASE;

2009年2月19日木曜日

Linux Mint Universal エディションの魅力はそんなにない

SourceForge.jp に遂に日本語に対応した「Linux Mint 6」という記事が載っていましたが、飛びつくのはちょっと待って。
Linux Mint 6 がリリースされた時に Universal エディションが出ていて、そちらは多言語対応となっていました。しかし、DVD 再生などのコーデックは入っていません。

Linux Mint の魅力はクールなデザインと、マルチメディア対応です。その両輪のうち片方がないので、よほど Mint のデザインが好きな人じゃないと Universal エディションはお勧めできません。

通常の Linux Mint を日本語化した方が良いと思います。

日本語化については、このブログの過去記事「Linux Mint 6 Felicia を日本語化」を参考にしてみてください。

2009年2月16日月曜日

スギ花粉の飛散状況をチェック

花粉症の季節です。
春なんて大っきらいだー。毎日雨降れ!
林野庁の怠慢だ!針葉樹より広葉樹植えろ!

この時期は性格が悪くなりがちです。
私は薬もあまり効かないので、マスクと眼薬でしのいでいます。

早く花粉終わらないかなと、環境省花粉観測システム(はなこさん)で、飛散状況を確認して憂鬱に……

はなこさんのスクリーンショット

今日も激しく飛んでいるようです。
ああ、沖縄にでも引っ越したい……

2009年2月13日金曜日

いいきぶんジェネレーター

仕事に疲れた。
自分って駄目だな。

たまに落ち込むこともあります。今日も少しへこんでいました。
しかし褒めてもらって良い気分。
橋谷の声を聞くと落ち着くよ。
橋谷って、歩くロールスロイスだな。
橋谷には動物が寄ってくるね
橋谷って、たまに鋭いこと言うよね。
プログラムにだけどね……
実際褒められているのか、どうなのか微妙なものもありますが、あなたも褒められたいなら、下記サイトへどうぞ。

いいきぶんジェネレーター

2009年2月12日木曜日

issuu はやっぱいい

issuu ホームページのスクリーンショット

ちょうど1年前にこのブログで紹介した issuu を最近よく使っている。issuu は、 PDF や Word などのファイルをアップロードして、ブラウザで見たり共有したりできるサイト。
上記はホームページで、公開されているファイルが雑誌の棚のように表示されている。見た目も楽しい。

下記は LPI-JAPAN が公開している Linux 標準教科書を issuu に載せて、ブログに貼付けたもの。 Open publication をクリックして開いてみてください。



書籍等をパソコンの画面で見るのが嫌な人も多いでしょう。私もそうです。その理由の一つに操作性があります。
読みやすい文字の大きさにするとページがディスプレイをはみ出してしまい、上下左右にスクロールが必要だったりします。

この issuu は開いたページをクリックすると拡大され、もう一度クリックすると戻ります。上部のスライドバーで調整もできます。
スクロールはマウスカーソルを移動するだけ。カーソルの方向に自動スクロールします。これがとても使いやすい。(ドラッグでスクロールがお好みなら、変更することもできます。)ページめくりは左右に表示される矢印をクリックするだけ。
私がこれまで使ってきたツール(Acrobat Reader も含む)の中で、もっとも読みやすい仕掛け。

ファイルはプライベートにもできるので、自分が使う資料を載せて必要なときにブラウザで目を通しています。

また、海外の雑誌がけっこうアップロードされているので、普段目にする機会の無いものを眺めるのも楽しい。プレイボーイのような雑誌もあって、目の保養にも・・・

使っていると、 issuu の可能性を夢見てしまいます。
フリーペーパーとか、 issuu で公開しても良いんじゃないでしょうか?自費出版で本を出すなんてことも、本という形にこだわらないのであれば issuu で公開する方が多くの方に目を通してもらえるでしょう。

2009年2月11日水曜日

マインドマップ作成ツール XMind

またマインドマップツールです。
前回の Mindomo も使い勝手はよかったのですが、きれいに印刷できませんでした。さらにツールを探し、Xmind を発見。
Mac, Linux, Windows に対応しています。

ダウンロードして使ってみると、どうも画面が Eclipse ぽい。ライセンスも Eclipse Public License なので、 Eclipse ベースだと思います。

XMindのスクリーンショット

ご覧のように、日本語も問題なく使えますし、画像を使う事もできます。
印刷もきれいに出力されました。

この XMind を本命として使う事にしました。

2009年2月6日金曜日

Adobe Air で動くマインドマップ作成ツール

昨日に続いて、マインドマップ作製ツールの紹介です。
昨日のソフトは Mac 用でしたが、今回は Adobe Air で動くので、 Adobe Air が動く環境ならどの OS でも使えます。
もともとブラウザで使うマインドマップ作成ツールを提供していたところのようなんですが、デスクトップでも使えるようにと Adobe Air に乗っけて提供されてます。もちろん無料。

そのツールの名は、 Mindomo 。マインドオモって読むのか、読み方はよくわかりませんが、使い方は簡単です。
メニューは英語ですが、ブチブチいじってみればすぐ慣れるでしょう。
まあ、操作自体は昨日紹介した MindNode が簡単ですが、機能はこっちの方が多い。

Mindomo のスクリーンショット

ちょっとスクリーンショットがみにくいかもしれませんが、ご覧の通り日本語も使えるし、自分で用意した画像を張り付けたり、メニューに用意されているアイコンを載せたりできます。

欠点と言えるかどうかわかりませんが、作成したファイルを保存するのは Mindomo のサーバにしかできません。なので、ファイルを保存するためには Mindomo にユーザ登録が必要です。ユーザ登録は無償の Basic Account で使えます。保存したファイルはweb上で公開もできるようです。

ダウンロードは以下のサイトからできます。
http://www.mindomo.com/desktop/
リンク先のページの左に載っています。 Adobe Air をまだ導入していない場合は、Install Adobe Air から行います。 Adobe Air をインストール済みなら、Download Mindomo Desktop でファイルをダウンロードして、ダウンロードしたファイルを実行してインストールを行ってください。

2009年2月5日木曜日

Mac で Mind Map を作ってみる

マインドマップって知ってますか?

ずいぶん昔からあるみたいですが、少し前にネットの所々で見かけて知りました。
色鮮やかなツリー構造の図を描きながら、頭の中を整理する手法だと理解しています。
本当は手を使って作業した方が良いのでしょうが、ソフトを使うことで手軽にマインドマップを作れます。

紹介するのは Mac 用のマインドマップ作成ソフトで、 MindNode と言います。

MindNodeのスクリーンショット

有償とフリーがあって、私が試したのはフリーの方。初めてでも直感的につらつら作っていけました。できあがったファイルは、独自形式で保存します。 PDF や TIFF 等に書き出す事もできます。

有償版だと、ハイパーリンクが使えたりする様ですが、私にはフリー版で十分でした。
ご興味のある方はどうぞ。

2009年2月4日水曜日

Mac OS X 10.5 Leopard へのアップグレードで Mail のトラブル

先日購入した Mac Box Set で、Mac OS X 10.4から10.5 Leopardにアップデートしました。アップデートは順調に終わり、自分の環境は特に問題なく動いていましたが、家人からメールが見れないと言われました。

確認すると、 Mail がうまく動いていない様子。
私自身は Gmail をブラウザで使っていたので気がつきませんでした。

~/users/ユーザ名/Library/Mail フォルダ下のファイルを、デスクトップにコピーしてから削除。
Mailを起動するとうまく起動したので、初期設定を済ませて使えるようになりました。

過去のメールは特に必要無いと言われたので移行はしませんでした。方法があるのかな?
アドレスの管理は別のアプリになっているので、問題はありませんでした。

このトラブル以外は問題なく動いています。