2009年6月25日木曜日

VMWare ESXi にゲスト OS をインストール

前回の記事 VMWare ESXi で仮想化サーバ構築の続きで、ゲスト OS のインストールを行います。

参考サイト
Think IT 【仮想化を楽しむ】徹底解説!VMware ESXi 第3回:仮想マシンの作成!

VMware Infrastructure Client のインストール
VMWare ESXi をインストールしたハードからは、電源停止や再起動しか操作できません。クライアントに VMware Infrastructure Client をインストールして、クライアントから操作するようになります。
ブラウザで VMWare ESXi をインストールしたマシンのアドレスを指定してアクセスすると下記の画面が表示されます。



Download VMWare Infrastructure Client をクリックして、 VMWare Infrastructure Client をインストールしてください。
インストールが完了したら、仮想マシンを作成します。

仮想マシンの作成
VMWare Infrastructure Client を起動します。
IP address, User name, Password は設定したものを入力してログインします。
VMWare Infrastructure Client が起動します。
メニューから、 File > New > Virtual Machine... を選択します。



New Virtual Machine Wizard が起動します。
メニューは英語ですが、ディスク容量やメモリの割り当てをする程度なので、迷うことはないでしょう。Wizard の画面に従って設定していきます。



仮想マシンが作成されました。(スクリーンショットでは3つできていますが、今回作成したのは Ubuntu9.04です。)

ゲスト OS のインストール

仮想サーバを起動します。
コンソールを立ち上げます。ゲスト OS の操作はこのコンソールから行います。



コンソールが起動したら、ゲスト OS のインストール用ディスク化イメージファイルを読み込ませるように、 Connect CD/DVD から指定します。



私の環境ではサーバ側の DVD ドライブから読ませることができなかったので、クライアント側の DVD ドライブを使用しました。不思議な点は、クライアント側の DVD ドライブも最初に読ませようとしてもできなかったのですが、サーバ側のドライブを使おうとした後に、クライアント側のドライブに切り替えると読み込み始めました。

CD またはイメージファイルを読み込み、インストールが始まればあとは通常のインストールと一緒です。



インストールが終われば、ゲスト OS を使う事ができます。
画面サイズが小さいよ!とかクライアント側とコンソールのマウスの切り替えが煩わしいよ!と言う方は、 VMWare Tools をゲスト OS にインストールすると幸せになれます。

0 件のコメント :

コメントを投稿