2009年8月10日月曜日

サーバの生死を一目で確認する方法(案)

サーバが増えてくると管理が大変です。
エラーが発生したときとか、バックアップ完了時とか、定時にメールを送らせたりして動作確認をしていますが、正常動作のメールが大量に来て大変です。
だからと言って、正常メールをフィルタを使って、ごみ箱直行とかしていると、サーバ異常時にメールも送らず死んだときに、気付くのに遅れて怒られたりします。

私が管理しているサーバは、そこまでシビアな運用は求められていませんが、できればしっかりした運用をしたいものです。しかし、メールの山に埋もれたくは無い。

一目でわかる方法ないかなあと考えて、そうか!一目でわかればいいのだ!と思いついた案です。

管理用サーバ(パソコンでも良い)を1台用意し、Webサーバを立て各サーバに ping を定期的に飛ばし、生存確認をします。また毎日のバックアップもファイルの日付や、送られてくるメールなどから確認をします。
生存確認や、バックアップの確認から下記のページを作成し、どこかのパソコンで常時表示させておきます。



応答の無いサーバ欄は赤く、バックアップ失敗のサーバ欄は黄色に、問題の無いサーバ欄は青く表示すれば一目でわかります。これを1時間おきとか必要に応じて更新すればいい!
なお、白い欄はサーバ未登録の欄です。
欄の上にカーソルを持っていくと、サーバの情報を表示すれば良いと思います。

暇を見つけて作成しようかなと思います。

ん?管理用サーバの生存確認は?って。それは常時表示しているので問題無いでしょう。たぶん・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿