2009年12月14日月曜日

うちの Mac のバックアップ環境

バックアップというのは掛け捨て保険みたいなもので、いざという時しか役に立たず無駄な気がしますが、いざという時はバックアップしていなかったことを悔やむ事になる厄介な作業です。
先日、家の iMac が起動しなくなりました。起動中ぐるぐるとアイコンが周り、プログレスバーが伸びたり、縮んだりしていつまで待っても起動しません。

iPhone で検索し、 Q&A 生活ガイド.com の下記方法を試してみることにしました。

まずは、DVD-ROMから立ち上げよう
マックが立ち上がらないときは、まず、付属のDVD-ROMから起動してみましょう。キーボードの「c」を押しながら起動すると、ROM起動になるはず。

次に、ディスクのスキャンをして、問題あれば、修復しましょう。
さらに「アクセス権の修復」というのがあるので、これをしてみましょう。
これが終わったら、再起動してみてください。

これでダメなら、ROMは入れずに、「shift」キーを押しながら、起動してみて下さい。
これは、セーフブートと言う起動方法です。
ディスクユーティリティの修復機能によって起動ディスクが自動修復されます。

さらにダメなら、PRAMクリア(起動時にオプション+コマンド+P+Rを押しっぱなしにする)も試してみるといいと思います。

周辺機器が接続されているようなら、それらも外してみるのも手です。

哀しいかな、ディスクの修復を行うと、修復できませんでしたと出ます。
その他の方法も試しましたが、残念ながら復帰できませんでした。まあ Time Machine でバックアップ取っているので、再インストールして戻せば良いやと思いました。

そして再インストール後、Time Machine で環境を回復して終了。いやあ、 Mac って楽ですね。
と思いきや……家人から、写真が一部消えてるんだけど?という声が!
Time Machine のデータを遡ってみましたが、バックアップデータの時点で壊れているみたい。人に送る写真もあるので何とかしたいみたいなので、もうひとつのバックアップから回復を試みる。

そうなのだ。我が家の Mac は2重にバックアップされているのです。用心深いでしょ?
ひとつは Time Machine で、外付け USB ハードディスクにバックアップ。
もうひとつは、 Mozy で、オンラインストレージにバックアップ。

幸い、 Mozy にバックアップしていたデータは無事拾い出すことができました。
今まで2重でバックアップ取っていることに、無駄じゃないのか?という疑問を自分も抱いていましたが、今回のようなことがあると、月500円弱で容量無制限のバックアップが取れる Mozy を切り捨てることはできないなと感じました。
Mozy はバックアップ時のアップロード速度がそれほど速くないので、容量によっては初回バックアップは数日間かかることもありますが、2回目以降は差分データだけ送ることでバックアップ時間は短くてすみます。
また、バックアップデータが世代管理されているので、何月何日時点のデータと指定して、ダウンロードすることもできます。ダウンロード速度はアップロードよりも速い様です。100MB ほどのデータですが、15分ぐらいでダウンロードしてくれました。

下記に参考サイトを載せておきます。バックアップに手間を掛けたくない方は、Windows にも対応している Mozy はおすすめです。 Mac ユーザは Time Machine も使えばさらに完璧です。

参考サイト
2010年1月にバックアップを Mozy から Backblaze に乗り換えました。

0 件のコメント :

コメントを投稿