2010年3月30日火曜日

VMWare ESXi 4.0 でゲスト OS も自動起動させる設定

仮想化ソフトウェア VMWare ESXi 4.0 で物理ハードに電源を入れたら、仮想サーバ(ゲスト OS )も自動起動させるための設定です。

先日電源工事で、VMWare ESXi サーバの電源を停止しました。
工事も終わってサーバの電源ボタンを押して起動しましたが、内部の仮想サーバは VMware vSphere Client でログインしてから手動起動する設定だったので、しばらく仮想サーバが停止したままなことに気が付きませんでした。たいしたトラブルにもならなかったのですが、自動起動してくれると嬉しいので設定を行いました。そのときのメモです。
  1. VMWare vSphere Client を起動。
  2. インベントリ を選択し、左ウィンドウのツリーで最上位の仮想マシン本体を選択し、右ウィンドウの構成タブをクリックします。
  3. 構成タブ左にある、仮想マシン起動/シャットダウンをクリックし、表示されたページの右上にあるプロパティ…をクリックします。
  4. 別ウィンドウで、仮想マシンの起動およびシャットダウンが開きます。
  5. 起動順序はデフォルトでは手動での起動になっているので、自動起動に移動させて OK ボタンをクリック。
  6. これで完了です。
設定は簡単だったので、早く設定しておけばよかったなあ。

2010年3月23日火曜日

名刺やレシート等を楽々スキャンするターボスキャン

Evernote 使っていますか?私は iPhone で名刺管理や覚書等に使ってます。

その名刺管理のとき、 iPhone のカメラで名刺を撮影して、メモを追記して Evernote に送っています。それなりに名刺の撮影はできているのですが、もっと奇麗に撮影できないものかな?と思っていました。また、名刺よりも長いレシート等だとカメラで撮影してもうまく撮れないときもあります。

iPhone アプリでスキャナソフトが幾つかあるのは知っていたのですが、どれもちょっと高価なんですよね。今回紹介するアプリはセール期間中で、2010年3月23日現在、230円で購入可能です。その名もターボスキャン

操作は直感的です。カメラで撮影しスキャンする用紙の四隅を指で調整して保存。保存したファイルはカメラで撮影したときと同様にカメラロールに保管されます。この写真をもとに Evernote に登録すれば良いのです。直接メールで送信する事も可能です。


撮影後、色合いの調整もできます。


名刺は普通にカメラで撮影するよりも格段に見やすくなります。
iPhone アプリでスキャナソフトをお探しの方、このセール中に購入されてはいかがでしょうか?

2010年3月1日月曜日

iPhone で現在はまっているゲーム Brothers In Arms 2

Brothers In Arms 2 を数日前に購入してプレイし始めました。前作ブラザーインアームスはプレイしていなかったのですが、無料版を試しにプレイすると面白かったので購入。

第2次世界大戦の戦場が舞台で、ミッションを順にこなしていきます。弟の死に関わる謎もあり、少しずつ真相に近づいていきます。
スクリーンショットを貼付けておきます。



簡単なルーキーモードでプレイしていますが、スクリーンショットを撮っているとすぐに死んでしまいました。戦場って怖いなあ。

平和な場所でスリルを味わいたい方に良いと思います。お値段はちょっと高めの900円です。

Google Chrome の最後のタブを閉じてもウィンドウを閉じないようにする拡張機能

3月ですねえ。この数日花粉症で苦しんでいます。例年この時期は憂鬱です。
素敵なブラウザ Google Chrome を使っていてもやや憂鬱だったのは、花粉症が原因だけでありませんでした。

全てのタブを閉じるとブラウザ自体が終了してしまう事。空タブだけで起動し続けてくれれば良いのになあと思っていました。

同じように感じてる人はいたようで、拡張機能で実現している方がおりました。とはいえウィンドウをそのまま残すのではなく、最後のタブが閉じられたら新規ウィンドウを開きなおすというやり方です。ともかく私の目的は果たせられるので、この拡張機能を使う事にします。
拡張機能のリンクは下記です。


私の Chrome ライフが快適になりました。ネットの片隅から感謝をこめてささやきます。ありがとう。