2010年4月5日月曜日

AQUSH に登録してみた

個人的にとても興味深く、動向を注目しているソーシャルレンディング AQUSH に登録しました。

AQUSH とは
個人間のお金の貸し借りを結びつける取引所です。中間業者が AQUSH だけなので無駄な経費がかからず、貸し手は銀行に預けるよりも高い利率で貸すことができ、借り手は金融機関から借りるよりも低い利率で借りることができます。
借り手は信用履歴や現在の借入状況でランク付けされ、ランクが高いほど低い利率で借りることができます。
貸し手は一口5万円から融資できます。貸出し相手をランクから選択することができ、またランクに応じて利率を変えたりもできます。

初期ユーザ登録は簡単
ユーザID、パスワード、メールアドレス、秘密の質問と答えを入力し、登録したメールアドレスにアドレス確認用メールが届くので、記載されているリンクに飛んでパスワードを入力すれば完了です。
ただし、これはユーザ登録されただけで、実際には借りることも貸すこともできません。私はとりあえず借りる予定は無いので、貸す側として手続きをします。

貸し手として登録
ログイン後の My AQUSH ページで、今すぐ投資を申し込むをクリックし、貸付先ランクと利率、さらに氏名や住所、連絡先など個人情報を入力します。完了後、投資口座開設申込書PDFファイルをダウンロードし印刷します。印刷した投資口座開設申込書に必要事項を記載、押印し、本人確認の書類と一緒に郵送で送ります。送付書もついていて封筒に貼って使います。送料は AQUSH 持ちです。

契約書
投資口座開設申込書を送って1週間後、登録したメールアドレスに、 AQUSH からメッセージが届いていると通知がありました。ログインしてメッセージを確認すると、申請が受理されたとあります。また、契約書等を送るので記入して返送するようにとも書かれていました。
翌日簡易書留で契約書2通と取引銀行口座申請書、返信用封筒が届きました。契約書作成の手引きに従い、契約書に日付、住所、氏名(2カ所)を記入し押印します。契約書の各ページにまたがる箇所に契印もするので、何カ所も印を押すことになります。取引銀行口座申請書にも口座情報を記入します。
返信用封筒に契約書1通と取引銀行口座申請書を入れて送ります。

入金
契約書に記入した日付が契約日になります。契約日から5営業日以内に出資金を振り込まなければ契約を解除する可能性があるようです。早めに出資金を指定の口座に入金しましょう。

契約締結
返送した契約書と入金を AQUSH が確認したら、いよいよ運用がスタートです。契約書送付後、契約締結まで私の場合1週間ぐらいかかりました。

匿名組合として活動
これでようやく運用が始まります。貸し手として登録したオーダは、他ユーザの同じ条件のオーダーとまとめられ匿名組合として貸し付けられます。借りられなさそうなオーダーに申しこんだときは撤回して、別のオーダーをすぐに作成可能です。
ログインすれば匿名組合の出資額や貸付額等がわかるので、自分なりに借りてもらえそうな匿名組合に申し込めば良いと思います。

今後、出資金に動きがあればこのブログで報告いたしますが、現在の出資金と貸付額の状況を見ると Aqush 自体にあまり借り手がいない様です。日本ではこのようなサービスが根付くには時間がかかると思います。 Aqush がこのサービスを日本で打ち切らない限り、気長にやってみようと思います。

2 件のコメント :

  1. 設立から10か月後の利回りを自社HPでアップしていましたが、7.5%とか!借主も2500人に達したと書いてありました。貸付金額は、10億円。hasiyaさんの現在をできれば教えてください。黎明期だから今から投資に参加しようか迷っています。参考にさせてください。
    青森の寝豚より

    返信削除
  2. 匿名さん、こんばんは。
    Aqush ですが、放置していたものをこれを機会に記事にしてみました。参考になると良いのですが…
    Aqush の運用概要

    返信削除