2010年9月18日土曜日

VirtualBox 共有フォルダの設定

最近 Mac に VirtualBox をインストールし、 CentOS や Windows XP をゲスト OS として入れてみました。まあ、テストで動きはどうなのかなと思っただけなんだけどね。

インストール自体は簡単にすみました。キーボードも Mac のものがそのまま使えます。
ホストとゲストでファイルをやりとりするときの共有フォルダの設定を、メモとして残します。まあ簡単なんですけどね。

VirtualBox を起動し、共有フォルダを設定するゲストマシンの設定を行う。
設定画面の共有フォルダを選択。
共有フォルダのパスを指定し、名前をつける。

ゲスト OS を起動。
Windows XP の場合だと、ネットワークドライブ>ネットワーク全体>VirtualBox Shared Folders>¥¥Vboxsvr の順にフォルダを開いていくと、先ほどつけた名前で、共有フォルダが見つかる。

このフォルダをネットワークドライブとして割り当てるか、ショートカットをデスクトップ上に作成するかして使うと便利。

CentOS の場合は下記サイトが詳しいかと。
CentOS5共有フォルダの設定

以上です。

2010年9月9日木曜日

ハッシュ値を手軽に求める

Mac でも Windowsでも使える、ハッシュ値を求めるソフトウェアの紹介です。
HashTab というソフトですが、インストールすると Windows だとファイルのプロパティにハッシュ値タブが追加され、 MD5値が表示されます。



Mac だと、アプリケーションとして使うようになり、インストール後にアプリケーションフォルダにある、 HashTab を起動し、値を求めたいファイルをドラッグ・アンド・ドロップすれば計算してくれます。



まあ、 Mac のばあい、ターミナルで MD5 と入力してから、対象のファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてコマンドを実行すれば求められるので、必要性は薄いかな。 Windows の方にはおすすめですね。