2010年10月26日火曜日

マーケティング分析が必要なら1万円でこの iPad アプリを買う

私の仕事では、マーケティングやプロモーションはあまり関係ないのですが、それでもユーザの動向みたいなものを知りたいなあと思うことはあります。
素人考えでも、そういうデータは高価だろうし、データから自分の欲しい数値を取り出すのは面倒だろうと想像できます。ところが、思いもかけず見つけた iPad アプリの分析ツールアスキー総研MCS Elements は、動画を見る限りかなり簡単に見やすくグラフ化されたデータを取り出しています。



もともと MCS 2010 というソフトを使いやすく手頃にしたアプリのようで、 MCS 2010 だとデータ量は300倍で様々な条件でデータを抽出可能なようです。ただ、値段はデータと解析アプリで30万円ほどするし、操作も複雑なようです。素人の私には、使いこなせないだろうし、値段的にも手は出ません。ただ、遊びでちょっと調べるとか参考程度に調べるなら1万円はぎりぎり出せるかも。そういう点で、アスキー総研MCS Elements は良いかもしれない。
もっとも私は iPad から購入しなくてはならないのが難点です。

2010年10月23日土曜日

iPhone を自転車ツールに変える App

最近少し良い自転車を購入し、まめに乗っています。そこそこの距離を走ると、心地よい疲れと充実感を感じます。自転車って楽しい。
そんな楽しい自転車をさらに楽しくしてくれるツールが、 Cyclemeter 。



走行ルートや、距離、速度などを記録してくれます。後で見返すと、案外スピード出てないな?なんてことがよくあります。



ちなみに上の記録は家人と一緒に買い物に行った記録。本当は一人でならもっと速いし、遠出してます。本当です。いや、本当ですよ。
不思議なもので、本当という言葉を使えば使うほど、嘘っぽくなりますね。でも本当にこのアプリは使えます。サイクリングのお供にどうぞ!

2010年10月10日日曜日

Twitter のこんな使い方

Twitter を始めてから2年半ほど経ちますが、その間のツィートはようやく500。そして、何が楽しいのかもう一つわからなかった。
メモ代わりにツィートしてみたり、誰にも届かない独り言をツィートしてみたり。まあ活用しているとは言えません。

夜ネットサーフィンしながら酒類を摂っていることが多いのですが、ふと Twitter のタイムラインが飲み屋の会話のような感じで、聞くでもなく聞かずでもなく、自然と耳にするような(目にするような)感じだと心地よいかもと思いつきました。
小難しい政治ネタをツィートするユーザや、普通の会話のようなものをツィートするユーザ、笑えるツィートが多いユーザなどまんべんなくフォーローすると、飲み屋の雰囲気が出てきましたよ!

これでさらに酒がすすむってもんです。新しい世界(店)を開拓した気がします。 Twitter の私なりの楽しみ方です。