2011年9月12日月曜日

CentOs Linux の Aipo を自動起動させる

仕事で使っているオープンソースのグループウェア Aipo ですが、 CentOS Linux で運用しています。自動起動させてなくて、サーバを起動するたびにコマンド打ち込んでいたのですが、関係者から自動起動させるようにとお達しが来たので設定しました。
忘れないためのメモです。

起動用の shell が提供されているので、それを起動時に実行するよう rc.local に登録しておけば良い。ただし、初期設定だと shell の sudo が動かないので シェルスクリプトから sudo が動くように /etc/sudoers の設定変更する。sudoers の設定変更するには書き込み権限が必要なので、権限付与して設定して、権限外して、 rc.local を設定する。という順番になる。
# 書込権限付与
chmod +w /etc/sudoers

# sudoers を編集
vi /etc/sudoers

# sudoers の Defaults requiretty をコメントアウトする。
#Defaults requiretty

# sudoers の書込権限剥奪
chmod -w /etc/sudoers

# rc.loacl の編集
vi /etc/rc.d/rc.local

# 最終行に下記を追記
/usr/local/aipo/bin/startup.sh

再起動すれば、 Aipo が自動起動されてるはずですよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿