2011年10月27日木曜日

WORLD ORDER の新作 PV 来ましたよ

作成中の話は聞いていて、まだかな?まだかな?と iPhone なみに待っていた、ダンスユニット WORLD ORDER の新作 PV が出ました。
今回もさらに完成度が上がり、かつコミカルな感じで仕上がっています。

dos コマンドでファイルクリア

ファイルをクリアする処理が必要になり、 dos コマンドで簡単にできたのでメモ。
type nul > abc.txt

abc.txt に nul を書き込むというか、何もないのを書き込んでクリアしてます。
簡単、簡単。

2011年10月24日月曜日

iPod 電話化計画

未だに iPhone 3GS を使い続けている管理人です。
iPhone 4S 購入に心は動いたのですが、今のところ思いとどまっています。買い換えるなら、キャリアも Softbank か au かで悩みますが、もういっそのこと iPhone やめて iPod で良いんじゃない?と違う方向に心の振り子が揺れたりします。まあ、とりあえず iPhone 5 が出てから考えようと決心できました。


悩んでいる間、 iPod を電話化する場合の検討を自分なりにしたので、メモとして残しておきます。近いうちに心が揺れ動いたとき、見返して再度検討材料にするつもりです。なので、将来の自分に対して思いとどまらせる様な書き方をしていると思います。もしこの資料を参考にする方いるなら、その辺考慮してね。

必要なもの

iPod touch (8GB ¥16,800), (32GB ¥24,800), (64GB ¥33,800)
自分の使い方なら32Gで十分。妥協できるなら 8G でも問題ないけど、あとで増設はできないぞ。iPhone を購入することを考えると iPod touch は安い。
しかし、方向音痴気味な自分にはわりかし重要な問題として、 iPod touch には GPS は無いぞと……

通話アプリ 050 plus
以前の記事にも書いていますが、NTT Communications から提供されているアプリで、050 からはじまる電話番号を割り当ててもらい(自分で番号を選べられるみたいです)、IP電話としてケータイへ16.8円/分、一般加入電話へ8.4円/3分で通話可能。さらに、050 plusアプリ、NTTコミュニケーションズ及び提携プロバイダの050IP電話が無料通話先として利用できます。
このアプリと wifi 環境があれば、電話として利用可能。
逆にこのアプリのサービスが提供されなくなったら、携帯電話としては使えなくなる。 Skype, Viber である程度代用できるけど、一般的な携帯として使うにはあまりおすすめできない。

モバイル WIFI 環境
EMOBILE または WiMAX 等のモバイル環境が無ければならない。各携帯電話キャリアもモバイルデータ通信サービスを提供しはじめているが、現時点ではまだ EMOBILE, WiMAX の方が良さそう。
EMOBILE, WiMAX どちらにしてもサービスエリアはまだ町中に限られるので、郊外では使用できない。現状では EMOBILE の方が WiMAX より提供エリアは広めだけど、速度は WiMAX が早い。
EMOBILE のサービスエリア
WiMAX のサービスエリア
WiMAX はいろいろな会社がサービスを提供しており、ときどきキャンペーンでキャッシュバックしてたりする。自分の求めるものにあわせて選べばいいと思うけど、今のところ月額料金は  Broad WiMAX が2,999円と一番安い。
WiMAX ルータは各社が提供しているけど、中には提供先のサービスにしかつなげないものもあるらしい。あとでサービス会社を乗り換える可能性があるなら、 Amazon 等で WiMAX ルータを用意した方が良い。設定されていない WiMAX ルータに接続すると、どこと契約するか決定して使用できるらしい。

2011年11月4日追記
WiMAX には Try WiMAX という15日間無償機器貸し出しがあるので、そちらで試してから契約するのが吉。追記終わり。

一番のネックはモバイル WIFI 環境。個人的には将来はほとんどのエリアで WIFI 環境が使えるようになると考えているんだけど、どこ(会社や通信規格)が伸びていくかはわからない。使っているサービスが、ある日サービス終了や、別のところに吸収されたりするかもしれない。
または新たな通信サービスがでてくるかも……どこかで見切りをつけないといつまで経っても決められないが、とりあえず iPhone 5 の発表待ってからでも良いんじゃないの?
というわけで、日本人らしく問題を先送りしておこう。将来の自分、よろしく〜

2011年10月19日水曜日

リマインダーより Due が良いね

iOS5 になって iPhone にリマインダー機能が追加されました。しばらく使ってみたのですが、今まで使っていた Due と比べると劣る。リマインダーはフォルダに放り込み、 Due をメインのタスク管理に復帰させました。

リマインダーで気に入らないことの一つに、一覧表示したとき、登録順に表示されるんですよ。登録順じゃなくてタスクの期日順に表示して欲しい。
Due の欠点としては、リマインダーのような日付別の表示はできないことぐらい。一覧表示で問題ない私のような方には Due をおすすめしますよ。アラーム機能も使い勝手良いです。



DOS でテキストファイル抽出

テキストファイル各行の先頭文字を判断して抽出しなければならなくなって、DOSコマンド1行で実現できたので覚え書きとして載せます。
input.txt から先頭が"抽出文字"の行を output.txt に出力しています。
サンプルコード
findstr /B "抽出文字" input.txt > output.txt
pause
DOS コマンドもなかなか便利だね。

findstr コマンドについては下記リンクを参照してください。
Windowsコマンド集 findstr

2011年10月18日火曜日

DOSコマンドでテキストファイル行数分引数にして処理

バッチファイル実行時、引数をテキストファイルから読み込んで、テキストファイルの行数分処理させたい。
ということがありまして、以下のように for 分を使う事で実現できました。覚え書きとして残しておきます。
 for で繰り返し infile.txt を1行ずつ読み、%%A に格納し、 ping %%A を infile.txt を読み終えるまで実行していきます。
for /f %%A in (infile.txt) do ping %%A
pause
infile.txt の中身
192.168.1.1
localhost
実行結果
C:\>ping 192.168.1.1

192.168.1.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.1.1 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

C:\>ping localhost

testPC [::1]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms

::1 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

C:\>pause
続行するには何かキーを押してください . . .
ping じゃなくて、他のコマンドとか他のプログラムを呼び出したりしても使えます。
応用範囲の広いコマンドだと思います。

2011年10月9日日曜日

050 電話番号が割り当てられて通話できるアプリ

スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心より祈ります。数多くの革新的な製品を提供してくれた事への感謝の気持ちを込めて。

iPhone 4SSoftbankau から出ますね。私は買い換える事も含めて、どちらにしようか悩んでいます。今のまま 3GS で行く可能性のほうが高いかな。

一人蚊帳の外にいる感のある NTTグループ ですが、 iPhone で通話アプリ出しているの知っていました?私は最近まで知りませんでした。(アプリはDocomoが出しているわけではなくて、NTT Communications が出しています。)
アプリの名は 050 plus

050 からはじまる電話番号を割り当ててもらい(自分で番号を選べられるみたいです)、IP電話としてケータイへ16.8円/分、一般加入電話へ8.4円/3分で通話可能。さらに、050 plusアプリ、NTTコミュニケーションズ及び提携プロバイダの050IP電話が無料通話先として利用できます。

しかもこのアプリと wifi を利用すれば、iPod touch も電話として使えるようになるのです。
  アプリで自社の回線を使ってもらおうというこの発想。面白いなあ。このアプリの存在を知ったとき、 iPhone やめて、 iPod に乗り換えようか健闘したぐらいです。実際今でも悩んでいます。

選択肢が増えることが必ずしも幸せではないらしいのですが、いろいろ選べる方が楽しいですよね。

2011年10月2日日曜日

YouTube 動画を6種類のフォーマットに変換してくれるサイト

10月……今年も残すところあと3ヶ月です。肌寒くもなってきました。風邪などひかないようお気をつけください。

世の中に YouTube の動画をダウンロードする方法はあふれていますが、今日紹介するのはフォーマット変換までしてダウンロードしてくれるサイト。


Download Youtube Videos

フォーマットは、 mpg, flv, mov, mp3, 3gp, mp4 に変換可能です。
使い方は YouTube のアドレスを入力して、変換するフォーマットを選択するだけです。ぜひ活用してください。