2012年5月29日火曜日

Windows の Markdown Editor には Gonzo がおすすめ

WIndows で使える Markdown Editor は日本語入力時にインライン表示されないものがほとんどで、個人的にはダメだこりゃ!だったのですが、この Gonzo は良い感じです。
厳密に言うと Gonzo は Windows 環境で動くと言うわけではなくて、 Adobe Air の環境で動きます。 Adobe Air が動く環境であれば、 Gonzo も動きます。



Gonzo の良い点
  • 日本語入力がインライン表示される。
  • 編集画面とプレビュー画面を並べて表示できる。
  • 変換された html もサクッと確認できる。
Gonzo のいただけない点
  • 編集画面とプレビュー画面を並べて表示できるが、スクロールは同期していない。
  • 拡張子 md に関連づけできない。
  • なんとなく画面デザインが洗練されていない。
  • 名前が Gonzo (ごんぞう?)ってのが野暮ったい。

良い面、悪い面(最後の二つはどうでもいい点)両方あると思いますが、 Markdown Editor の選択肢の一つとしては有望だと思います。
知名度が無いのが可哀想なぐらいのできなので、当ブログはネットの片隅から応援したいと思います。

2 件のコメント :

  1. Icefasesのグラフコンポーネントを使わないのは何か問題があるのでしょうか?

    Icefasesを使ってみようか模索中でページを拝見しました

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんばんは。
      icefaces で jquery を使用する(http://net-3.blogspot.jp/2012/06/icefaces-jquery.html)に対しての質問だと受け取って回答します。
      個人的に Icefases が好きでないんですよ。それならなんで使ってるんだ?と言われると思いますが、そこは私の力が及ばない場所で決められたので使っています。将来は Icefaces から脱却しようと私は考えているので、できるだけ Icefaces のコンポーネントを使わない方向で作業しています。これからは HTML5 と CSS3 にどんどん移行していきたいですね。
      なお、 Icefaces も悪くはないですよ。

      削除