2012年8月18日土曜日

ヴァーチャル本棚サイト Booklog


鉄道マニアにも乗り鉄、撮り鉄など色々あるように、本好きにもいろいろなタイプがあるように思います。好みの本を読むのはもちろん、所有する事が楽しみだったりします。私もお気に入りの本を手にするとき幸せを感じます。

しかし、本を購入していると本棚から本があふれ、あちこちに本の山ができてほこりをかぶってしまいます。ほこりをかぶった本は前回の記事に書いたとおり、ときどき買取りしてもらっています。しかし、本当はいつまでも手元に置いてながめたい。狭い我が家が恨めしい。小さな本棚が悲しい。リアルに本を手にする事ができなくても、せめてそんな気にさせてくれるヴァーチャル本棚ってないの?

凡人の欲するところ、どこかのエロイ人がサービスを提供してくれるのがネットの良いところ。ネットの世界は広大だわ。

ヴァーチャル本棚サービスは幾つかありましたが、触ってみた感じでは私はブクログが好みでした。
早速絶対手放さない「UNIXという考え方」と、昨日図書館から借りてきた本「チェンジング・ブルー」「ミミズの雑学」を試しに登録。自分の本棚に本が登録された~!

見た目は良い感じだけど、本がどんどん登録されていったらどうなのかな?それはその時がきたら気にする事にしよう。
これで購入した本だけでなく、図書館で借りた本も自分の本のように本棚に収めて眺める事ができます。
少し満足感が心の底の方から湧いてきました。

0 件のコメント :

コメントを投稿