2012年11月5日月曜日

MacBook Air が充電できなくなったときに試すこと


11月です。秋まっ盛り。
紅葉とか見に行きたいところですが、なかなか足を運べません。

先日 MacBook Air を別室で使ったあと、充電しようとコンセントを繋ぐとランプが光らない。ん、光らないだけかな?と数時間放置後起動してみると、充電されてないよ~。
ネットで調べると多くの記事が見つかりました。
すぐに対応できそうな方法は以下の3つ。

電源コードを外して1分休ませる。
Apple Portables:MagSafe アダプタのトラブルシューティングから一部引用。
現象
  電源アダプタを接続してもコンピュータが充電されない。
回線ノイズに関する問題が起こっていないか確認します。
電源アダプタをコンセントから取り外し、60 秒後に再びコンセントに差し込みます。
60 秒間の「停止」の後に接続してアダプタが機能した場合は、電源のグラウンドノイズの問題が考えられます。この場合は、定期的にアダプタを取り外して一定時間休ませる必要があります。この問題は、AC アダプタの「過電圧保護」機能がグラウンドノイズを検知し、アダプタをオフにした際に発生します。
グラウンドノイズの原因には、コンピュータと同じ電源回路に接続されている安全抵抗付きライト、冷蔵庫、小型冷蔵庫などが考えられます。この問題は、無停電電源装置 (UPS) や別の電源回路に電源アダプタを接続すると、発生しない場合があります。
正常に機能しているコンセントに接続しても電源アダプタにこのような症状が認められる場合以外は、アダプタを交換する必要はありません。
SMC のリセットを行う。
Intel-based Macs:SMC (システム管理コントローラ) のリセットより一部引用。
ご自身で取り外しできないバッテリーを使用するポータブル Mac で SMC をリセットする
  1. コンピュータを終了します。
  2. MagSafe 電源アダプタを電源に接続し、まだ接続されていない場合は Mac に接続します。
  3. 内蔵キーボードの左側にある「shift-control-option」キーを押しながら電源ボタンを押します。
  4. すべてのキーと電源ボタンを同時に放します。
  5. 電源ボタンを押してコンピュータを起動します。
注意:SMC をリセットしたときに、MagSafe 電源アダプタの LED の状態が変わったり、一時的に消灯することがあります。
システム管理コントローラ (SMC) は Intel ベースの Mac でローレベルの機能を制御します。制御する機能には、以下のものがあります。
  • 電源ボタンを押したときの応答
  • ポータブル Mac のディスプレイの蓋を開いたり閉じたりしたときの応答
  • バッテリー管理
  • 熱管理
  • SMS (緊急モーションセンサー)
  • アンビエントライトセンサー機能
  • キーボードのバックライト機能
  • ステータスランプ (SIL) 管理
  • バッテリー残量のインジケータランプ
  • 特定の iMac のディスプレイに対して (内部の代わりに) 外部ビデオソースを選択する
注意:Intel ベースの Mac の NVRAM として知られる SMC のリセットでは、PRAM のコンテンツは リセットされない、または変更されません。
MacBook Air または、電源アダプタをドライヤーで暖める。
寒さで充電できないことがあるようです。って、11月の四国はそんなに寒くないぞ!
半信半疑で MacBook Air の裏面をドライヤーで暖めてコンセント繋ぐとランプが光って充電されました。
その後、 MacBook Air を暖めても充電できないことがあり、電源アダプターを暖めると充電できた現象も発生しました。

他にも電源アダプタに問題がある場合、 Mac 本体に問題がある場合がありますが、どちらも自身の対応ではいかんともしがたいので、アップルサポートに連絡することになると思います。

とりあえず、うちの MacBook Air 本体と電源アダプタは冷え性のようです。

0 件のコメント :

コメントを投稿