2013年4月29日月曜日

iPad mini ケースをオートスリープ対応のものに新調

4月ももう終わりますね。GWは楽しい予定でいっぱいですか?平凡な毎日の管理人です。

先日 iPad mini を駅で落としまして、角に傷がついたぐらいで済んだのですが、これを機にケースを新調しました。
今回のケース選びのポイントは3つ。

  • それなりに本体を守ってくれること。
    ぞうが踏んでも壊れないほどの頑丈さは必要なくて、腰ぐらいの高さから落としても壊れないといいなあぐらいの期待値です。
  • 職場で持ち運んでも目立たないこと。
    職場でも使っているのですが、 iPad mini だとただでさえ人目をひきがちなのでケースで目立つようなことは避けたいのです。
  • オートスリープ対応なこと。
    今までオートスリープ対応じゃない製品を使っていたのですが、やはり閉じたらスリープしてくれると嬉しいですよね。

Amazon で値段とレビューで絞り込んでこのケースに決めました。


現在、手元に届き使っているので感想も述べときます。
ケースは薄いですが、しっかりした作りで保護性は高いと思います。本体もしっかりホールドしているので少々落としても傷つくことはあまり無さそうに思います。満足してます。
色はグレイを選択したので、目立つことはありません。こちらもいい感じです。
オートスリープも完璧です。オートスリープ便利ですね。あとマグネットでしっかりとくっついているので、本体を保護する上でも良いと思いました。

値段2,660円(2013-04-29時点)でのコストパフォーマンスはかなり高いと思います。

しかし私にとってこのケースの最大の欠点が手触りです。
ケースを手にしたとき、この手触り苦手なやつだ…とヘコミました。他の人にも見せましたが、みんなこのケースいいねえと言うだけで、手触りについて触れる人はいません。
そう、私だけが苦手な手触りなんです。
撥水加工した微妙にザラザラした手触り。これが苦手。なんかゾクゾクしちゃうんですよ。人によって苦手な音があるじゃないですか?黒板をキーッと引っかく音とか。私は苦手な音というのは今までであったことがないんですが、苦手な手触りがありまして、これでした……
とりあえず我慢出来る範囲なので使っています。でももっと良い手触りのものがあれば乗り換えます。
私のような変態的な手触り趣向がなければ、とてもいいケースだと思います。

2013年4月20日土曜日

PDF 扱うなら Good Reader よりも使いやすくて無料の Documents by Readdle がおすすめ

日本列島どうしちゃったんだってぐらい、最近地震多いですね。何事もなければいいですが、不安になってしまいます。

私の勤務先では、地震や台風などの災害時の対応が規定で決まってます。でも普段は日々の業務に追われて、頭から抜け落ちてます。先日地震があった時も、あれ震度がいくつ以上だったら出社するんだったかな?なんて悩むことに……
幸い規定の PDF ファイルをこのアプリに入れてたので、確認できました。


PDF ファイルを扱う iOS アプリでは GoodReader が有名ですが、こちらの Documents by Readdle - Readdle は無料で同等の使い勝手です。
機能は Good Reader の方が上かもしれませんが、多機能過ぎずわかりやすい操作性が気に入っています。
無料なので、興味のある方はぜひお試しを!

Documents by Readdle 4.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Readdle - Igor Zhadanov(サイズ: 30.6 MB)
全てのバージョンの評価: (327件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

2013年4月14日日曜日

Google ストリートビューを動画化できる Hyperlapse を使ってみた

Google ストリートビューをコマ送りでドライブでもしているかのような気分にさせてくれる Hyperlapse 。 TechCrunch や Wired でも記事になっていて、気になって触ってみました。

私が作成したのは、沖縄県は竹富島の村内ルートです。先日の旅行で訪れましたが、情緒のある素敵な島でした。

作成は簡単。

  1. Hyperlapse のページで Make youre own Hyperlapse をクリックします。
  2. サンプルページのようなものがロードされ始めるので、キャンセルをクリックします。
  3. Google マップが表示されるので、作成したい場所で、始点終点にピンを立て、視線方向も決定します。
  4. Create ボタンをクリックすると作成が始まり、完了と同時にループ再生されます。


実際作ってみて、曲がりくねった道は視線方向がおかしくなって、見ていて気持ちのいいものじゃありませんでした。概ね直線の道のりが見やすいようです。

これは観光案内とかで使えるんじゃないかな?と思うんですが、どうでしょう。実際ドライブしているような気になって、楽しいものです。
今後の動向を追うつもりです。


TechCrunch
Googleストリートビュー “Hyperlapse” は世界をさまよう新しい方法
Wired
Googleストリートビューを簡単に動画化できる「Hyperlapse」

2013年4月13日土曜日

線に沿わせて写真にメッセージを添えられる iOS アプリ Path on


先日沖縄県石垣島に旅行していました。とても楽しく過ごせ、幸せな時間でした。今でも写真を眺めてニヤニヤしてます。

そんな写真に、パスに添ってメッセージを添えられるアプリを紹介します。
Path on です。
価格は2013年4月13日時点では170円です。

メッセージを挿入するパスは、フリーハンドいがいにも、円(Circle)とか渦巻き(Spiral)などがあります。メッセージの装飾も多彩で、文字サイズや文字間隔、色など細かく設定出来ます。写真にエフェクトもかけられます。


できることは多めで、使い方はシンプルなので、お勧めですよ。