2013年8月30日金曜日

LinuxMint 15 日本語化作業はコマンド処理が簡単です

残暑はまだまだ厳しいですが、お元気ですか?
最近 Linux Mint の良さを再確認しています。 Ubuntu がクールな皮を被った Linux Mint は、初心者でも何も考えずに使えるていいですね。
そうは言っても、日本語化作業が必要です。


 LinuxMint 15 の日本語化はターミナルでコマンド処理すると楽です。
コマンドは下記のとおりです。
# 日本語化
wget -q http://linuxmint-jp.net/linuxmint-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget http://linuxmint-jp.net/sources.list.d/linuxmint-ja.list -O /etc/apt/sources.list.d/linuxmint-ja.list
sudo apt-get -y update && sudo apt-get -y dist-upgrade

# GNOME のとき
sudo apt-get -y install mint-gnome-ja

# KDE のとき
sudo apt-get -y install mint-kde-ja

linuxmint-jp.net のダウンロードページにある日本語化作業を、少しカスタマイズしました。

2013年8月25日日曜日

Terminal のログをファイルに記録する script


最近 Linux Mint をいじっているのですが、試行錯誤しながらあれこれコマンドを入力しています。作業記録を自分用のメモとして残したいけど、ターミナルの操作内容をログとして残せれば便利なのにと考える方も多いと思います。
大丈夫残せます。

script コマンドを使えばいいのです。

例えば、 script 2013-08-25.log と入力したあとターミナルに出力された内容はファイル2013-08-25.logに記録されます。
ログ出力を終了するには ctrl+D で終了されます。

これで試行錯誤して有効な内容だけを抜き出して、手順書などに使えそうです。

2013年8月11日日曜日

まとめて画像ファイル形式変換には ImageMagick が良いね


仕事でファイルの電子化を取りまとめることになりました。
この電子化が、一部の職場ではすでに進んでいて結構なことなんだけど、ファイル形式がまちまち。職場Aでは jpeg で、職場Bでは tiff でといった具合。
今回ファイル形式は pdf だ!と決定されたので、他の形式で保存されているファイルを変換しなければなりません。
GUI を使って手作業で数万ものファイルを変換するのはナンセンスなので、コマンドで変換できるフリーソフトであるかな?と探したら、素晴らしいソフトが有りました。
ImageMagick です。対応 OS が Unix, Mac, Windows なのも嬉しいところです。

対応しているファイル形式は、 DPX, EXR, GIF, JPEG, JPEG-2000, PDF, PhotoCD, PNG, Postscript, SVG, TIFF など100以上の形式に対応しています。
コマンド操作も簡単で、 "convert 変換前ファイル 変換後ファイル" で変換されます。
jpg から pdf に変換するには
convert sample.jpg sample.pdf
です。
オプションで解像度やグレースケール、画像サイズ、回転、反転など可能です。

いやあ便利、便利。これで膨大なファイルをサクッと変換できます。

2013年8月7日水曜日

写真からそっくりなフィギュアを作ってくれる FOTOFIG



8月です。暑い毎日が続いていますが、お元気ですか?我が家はエアコンのリモコンが壊れて苦しんでいます。リモコンも正規品は4〜5千円もして高いですね。

さて、写真から3Dデータを作成して、フィギュアまで作ってくれるサービスがありました。
FOTOFIG です。

サンプルの顔のできが微妙ですが、アイディア次第で色々使えそう。
お値段がちょっと高くて、3Dデータ作成だけで29,800円です。フィギュア作成まですると、39,800円からです。

今後、3Dプリンタを活用したサービスがいろいろ出てきそうで楽しみです。