2014年7月4日金曜日

Linux の Markdown エディタ ReText

職場パソコンの脱マイクロソフトを目指して日々試行錯誤しています。
私にとってエディタは、パソコンを使う上でもっとも重視する部分です。

メモ帳ソフトでも文章はかけますが、便利な機能が欲しいところです。だからといって高機能すぎてごてごてしたソフトも好きになれません。目的に合わせてシンプルなソフトを使い分けるのがベストです。

今回は Markdown エディタが必要なので探していると、 ReText を発見!
Python と Qt で作られたソフトです。


ライブプレビューもあって、使いやすい。作成した文章を html ソースとしてコピペもできるので、ブログの原稿書きにも使えそうです。

今回は使用中の Linux Mint 17 へ導入したので、手順をメモとして載せておきます。
ReText の Markdown プレビューを利用するには Python 3.2以上の Markdown パッケージが必要なので、一緒に pip もインストールしています。

Linux Mint への導入手順

sudo add-apt-repository ppa:mitya57
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y retext python3-pip
sudo pip3 install markdown
これで ReText が動きます。

0 件のコメント :

コメントを投稿