2015年9月5日土曜日

未来に思いを馳せながら[ドローンの衝撃]を読了

ようやく日本でもドローンの規制法が年内施行される見込みです。
規制されるの嫌だなあと思っていましたが、先日ドローンの衝撃を読んで規制必要だなと考えが変わっていました。ルールがなければ、飛ばしていいのかいけないのか自主判断となってしまいます。ルールがあれば、ルールにしたがって飛ばしても文句を言われることはありません。ようやくルール内での活用の本格検討ができるのです。

読んで興味深かったのは、アメリカとメキシコの国境地帯は麻薬の密輸が行われているのですが、ドローンで麻薬を運んでいるそうです。麻薬を積んだドローンが墜落していて発覚したそうですが、操縦者は不明で捕まえるのは難しいでしょう。麻薬業者は100キロの荷物を運べるドローンを開発中だそうです。

国内でも香川県で離島にドローンで荷物を運ぶ KamomeAir プロジェクトが立ち上がっています。今後の動向が楽しみで、応援したいです。

当たり前ですが、使いようによってテロの道具となったり、生活を便利にしたりするものです。いい方向で発展して欲しいですね。

ドローンの衝撃 (扶桑社新書)
河 鐘基
扶桑社
売り上げランキング: 16,282

0 件のコメント :

コメントを投稿