2017年4月13日木曜日

Adobe Acrobat Reader の邪魔なツールパネルウィンドウを表示させない方法

脆弱性が頻繁に見つかって、度々アップデートしないといけない Adobe Acrobat Reader
機能を最低限にしてセキュリティに強いバージョン出してくれればいいのに。

そんな Adobe Acrobat Reader の不満点の一つに、なんで起動するたびに使いもしないツールパネルウィンドウが右端を占拠してるんだよ!と言うのがあります。

画面の領域は貴重なのに、そういうことがわからない adobe だからセキュリティにも弱いんじゃないかと勘ぐってしまいます。

その邪魔なエリアを閉じておく方法です。
  1. メニューの[編集]>[環境設定]を開きます。
  2. 左側の分類メニューから[文書]を選びます。
  3. その右に表示される[ツールパネルの現在の状態を記憶]にチェックを入れ OK ボタンをクリックします。
これでツールパネルウィンドウを非表示にして画面を閉じれば、次回からはツールパネルウィンドウを自分で開かない限り閉じたままです。

あースッキリした。

0 件のコメント :

コメントを投稿